2019年 11月 の投稿一覧

高卒の転職は難しいのか?厳しさ、おすすめの転職先を徹底解説!

高卒の転職は難しいのか?厳しさ、おすすめの転職先を徹底解説!

高卒の方で、転職しようにもうまくいかない
これから転職するけどうまくいくのか不安

こういった事で悩みませんか?

本記事では

本記事の解説のポイント
・高卒の転職は難しいのか?
・高卒におすすめの転職先

を紹介しています。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

それでは本記事の目次d

高卒の転職は難しいのか

高卒の転職は難しいのか

高卒の方の転職が難しいのか?
という質問に対して、難しいとはどういう意味かをまずすり合わせましょう。

転職をどんな企業でもいいのでする事
希望の転職先に行くこと

大方の人は後者をさしているはずです。

では希望の転職先に行くのが難しいのか?という点を解説していきましょう。

高卒で希望の転職先に行くのは難しいのか?

サウス・コーとしては、本人次第!と言いたいところですが
結論から言えば、それなりの難易度が伴うと思います。

大卒と高卒の年収の上昇率の比較

その難易度が伴うと思っているのは
高卒と大卒の年収の上昇率を見たときに

高卒の年収の上昇率が、大卒に比べて低いからです。
大卒の25歳~29歳の平均年収が410万に対して、50歳~54歳で980万と約2.4倍の上昇。
一方で、高卒の25歳~29歳の平均年収が380万に対して、50歳~54歳で730万と約1.9倍の上昇です。

転職の目的はいろいろあると思いますが
年収アップを目的にする方は少なくないはず

結論、大卒と比べて年収の上昇率が低いので、希望の転職先への転職が
難しいのではないかと推測します。

(単位:万円) 出典:厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査

転職回数は高卒の方が圧倒的に多い

一方で、年収という見方ではなく
転職回数を見てみるとどうでしょうか。

下記表をご覧ください

出典: 厚生労働省 雇用の構造に関する実態調査

こちらで明らかになっているように
大卒の42.5%は転職を1度のみ
一方で高卒の79.4%は2度以上転職をしている状況になりますので

転職自体はしているのです。

大卒はハローワークを使わない

次にこちらのデータです
大卒の方はハローワークはあまり使わず
転職エージェントなどの民間の職上紹介機関を使っています。

出典: 厚生労働省 雇用の構造に関する実態調査

もちろん、現職との相性もあると思いますが
ハローワークよりも、民間のエージェントを使ったほうが
年収の上昇は見込めるような気がしますよね。

おすすめの転職進路

おすすめの転職進路

おすすめの転職進路としては
私が過去にいた企業なので手前みそになりますが

リクルートの契約社員は学歴不問なので穴場だと思っています。
その理由としては下記です。

  • 学歴経験不問
  • 社員登用・その他年収アップを果たせる転職が可能

学歴経験不問

まずポテンシャル採用ということで
特に20代であれば前職はなんでもOKです。

もちろん面接はあるので、それなりに準備したり
現職でのがんばりが表現できないと難しいですが

とはいえ、しっかりと対策をしながら挑めば高卒でも
内定を得ることは可能です。

社員登用・その他年収アップを果たせる転職が可能

またリクルートという大手企業への転職
しかもリクルートの契約社員は転職市場でも市場価値が高めにでるので

リクルートの契約社員の契約満了後の転職先も豪華です。
一例)

  • メガベンチャーの営業(LINE、メルカリ等)
  • 外資系IT企業の営業(salesforceのインサイドセールス等)
  • 国内IT企業(Yahoo!、楽天など)
  • 行政機関

またちゃんと業績を出し、組織に対しての貢献が認められれば
正社員にも登用される可能性もあります

正社員に登用されれば、そこから10年以内ぐらいではマネージャーにも
任用される可能性も出てくるので

年収1000万も見えてきます。

過去にもこんなツイートもしていますが
僕が高卒で職歴もそこまでないなら
間違いなくリクルートの契約社員に全力で挑みますね。

以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~

転職エージェントの3つのデメリットと対策まとめ!

転職エージェントの3つのデメリットと対策まとめ!
候補者A
候補者A

転職エージェントって転職する時に使うと思うんですけど
デメリットってあるんですか?
あれば教えてほしいし、デメリットになりにくいエージェントってありますか?

現在、転職を検討している方でこんなことで悩んでいませんか?

・転職エージェント利用しようと思っているけどデメリットを知りたい
・デメリットになりにくい転職エージェントを知りたい!

本記事は下記をまとめています。

今日の解説!
・転職エージェント利用の3つのデメリットの理解
・そのデメリットに対する対策
・デメリットを回避しやすい転職エージェントの紹介

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

それでは目次です

転職エージェントの3つのデメリット

転職エージェントの3つのデメリット

思考停止してしまう

まずはこちらですが、思考停止ということで
簡単に言えば

すべてを転職エージェント任せになってしまい
自分の頭でしっかりと考えなくなってしまう


という現象が起こります。

転職エージェントが言っている事が正しいと妄信するあまり
自分で考えることをやめて、すべて答えを転職エージェントに聞いてしまう

という事です。

何故デメリットなのか?

まず、
そもそも転職エージェントが言っている事がすべて正しいなんてことは絶対にないです。

経験豊富な転職エージェントであれば
もちろんアドバイスや情報は傾聴に値しますし
転職の方針を検討するような重要な意思決定にも影響を与えることでしょう。

ですが、正しいからと言って、それですべて決めていいか?
というとそういう事もなく

特にご自身の価値観はあなたが一番わかっているので

転職は人生を左右する大きなイベントなので
思考停止してしまうと、いい転職ができなくなってしまうリスクが大きくなります。

必ず自分の頭で考え続けるという事を忘れないようにしていただきたいと
思います。

流される(妥協する)

このデメリットは、一番よく聞くデメリットかもしれません。
転職を希望されている方の中には

・具体的に志望が固まっている人
・志望がまだ固まっていない人

の2パターンあるとしたときに

前者の志望が固まっている人のケースでよく起こります。

転職エージェントは入社しないと売り上げにならない

転職エージェントの商売の仕組みを理解すれば
なぜ流されたり妥協するような事になってしまうのか
理解できます。

転職エージェントのビジネスは、候補者がある企業に内定し入社すると
その候補者の年収の1割とか2割とかを売り上げとしてもらうシステムです。

ですから、
候補者が相談だけして終わったら赤字ですので
どこかに転職するような圧力がかかる
わけです。

何故デメリットなのか?

上記したように入社しないと売り上げにならないので
その候補者の入社の確率を上げるようにサポートするのが
職務になります。

そのサポートの在り方として
その方の志望ベースではなく、
スキルや市場価値起因で求人を提案してくることが結構あります。

そういった求人がきまくると、候補者の中には
「まあこれでいいか」

と半ば妥協して応募するようなケースも散見されます。


それは応募のタイミングだけでなく

どこから第一志望ではない企業で内定が出てしまった場合なども
確実に売り上げにつなげる為に、

第一志望ではない企業への入社圧力がかかります。

この圧力は入社しないと売り上げに上がらないというビジネス構造でもそうですが
転職エージェントのビジネスの側面として、転職候補者へのサポートだけでなく
対企業への採用サポートという側面も担っています。

ですから、仮にその候補者が第一志望の企業でなくても
その転職エージェントが、その内定を出した企業へのサポートを強めたいと
思っていれば、この圧力はさらに強まるでしょう。

可能性を閉ざす

こちらは、上記した思考停止と流されるというデメリットが合わさったようなデメリットですが

一番避けたいデメリットとしてあえて挙げています。

「その求人だと、〇〇さんだとちょっとハードル高いかもしれません」

この言葉の破壊力と言ったらないのです。

なので、自身が信念をもって突き進んでいくのであれば
こういった転職エージェントのアドバイスも取捨選択しながら
利用せねばなりません。

デメリットへの対策

デメリットへの対策

こういったデメリットが生じる理由は大きく分けで2点あります。

  1. 自身の市場価値の理解不足
  2. 自身のキャリアの方向性があいまいすぎる

それぞれ見ていきましょう

自身の市場価値の理解不足

実際に自分がマーケットでどれぐらい必要とされているビジネスパーソンなのか?
そこのところを相場観を大雑把でいいので把握しておいた方がいいです。


なぜなら、その大雑把の相場観と転職エージェントのアドバイスと
比較ができるという事です。

比較ができるかできないかは大違いです。
比較ができるだけで、その転職エージェントのアドバイスが絶対である

という信念から抜け出せます。

市場価値を理解する為に

市場価値を理解するにはおすすめの方法は
転職サイトに登録することです。

特に ビズリーチ 等勢いのある転職サイトに登録をしてみてください。

自身の職歴をしっかりと入力をすれば
その職歴に対して、どんな求人が来るか把握できます。

ポイント!
転職エージェントを利用しながらも
ビズリーチも並行して登録し
来る求人案内を確認!!

が圧倒的におすすめです。

ビズリーチの登録はこちら

自身のキャリアの方向性があいまいすぎる

次にこちらですね。
逃げの転職をしていたりする方に結構多いなぁという所感なのですが

とにかく何でもいいから次に行きたい
とりあえず飽きたので転職したい

みたいなキャリアの方向性だと
転職エージェントに流されたり、様々な可能性を閉ざすと思っています。

いやいや、まあ流されったっていいんですよ

って本気で思えるならいいのですが

そういった動機で転職すれば

転職先でも苦労します。

転職は、仕事内容も変われば、職場も変われば、人も変わる
変わる事だらけの中ですがら

ある程度のストレスはかかります。

そうなったときに、ひと踏ん張りできるのは

ポイント!
この転職で、自分が得たいものは何か?
どんなキャリアの為のステップなのか?
こういった目的意識が備わっているか否かで転職は大きく変わる

目的意識の重要性に関しては
大手からベンチャーへの転職の成功要因,リスク,活躍人材のまとめ!の記事でも
まとめています。

目的意識を持つ為には

サウス・コーのおすすめはこちらの書籍に書いてある内容を意識し実践することです。

リクルートのOBで、日本で初の民間からの校長先生になった方で
様々なメディアで語っています。

要約すると

10年ごとにその領域でトップ1%になり
そのトップ1%の領域を三つ作りなさい

と言っています。

20代の読者が多い事と思いますので

20代で転職するその目的を、その転職する職務でトップ1%目指しながら
次のトップ1%になれる領域はどんな領域なのか?を意識しながら
転職活動の方針を作る事です。


サウス・コーもリクルートのマネージャー時代に
メンバーにこの内容を展開して実践してもらっていました


戦略的に自身のキャリアを作っていけるので
おすすめです。

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

デメリットを回避しやすい転職エージェントは

デメリットを回避しやすい転職エージェントは

こちらの記事でも紹介している通り
サウス・コーは マイナビエージェントをめちゃくちゃ押しています。

なぜなら、リクルートのマネージャー時代に

おすすめの理由!
転職で招き入れるメンバーも転職で去るメンバーも
マイナビエージェント の対応の良さを一様に語っていたからです。


もちろん、100%いいエージェントだけがいるわけではないと思うのですが

ここまで評判よければ太鼓判押してしまいますよね

って感じでした。

マイナビの登録はこちら

まとめ記事はこちら:営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

まとめ

転職エージェントを使うデメリット

  • 思考停止してしまう
  • 流される(妥協する)
  • 可能性を閉ざす

デメリットへの対策

  1. 自身の市場価値の理解不足
    └エージェント利用と並行して、 ビズリーチ 等の転職サイトに登録して案内が来る求人を確認
  2. 自身のキャリアの方向性があいまいすぎる
    藤原和博の必ず食える1%の人になる方法を参考に、中長期的なキャリアの方向性を意識する

デメリットを回避しやすい転職エージェントは

現状、 マイナビエージェント が圧倒的にお勧め
参考記事はこちら:営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

起業の前の転職のおすすめの企業・業界・リスクを徹底解説!

起業の前の転職のおすすめの企業・業界・リスクを徹底解説!

将来起業したい!けどまだまだ起業できるとは思えない。
起業に向けた転職をしたいけど、どんな転職をしたらいいのだろうか

と悩みませんか。

私もその一人でした。

本記事では
筆者であるサウス・コーが起業して年収2000万を稼いでいる経験を元に

・おすすめの起業に向けた転職先
・おすすめの起業に向けた転職業界


をまとめています。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート→某ITベンチャー→起業という流れで
現在、経営している会社からは年収2000万ほど稼げています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・某ITベンチャーで営業マネジャーへ転職、副業として流通系のサービスを運営しています

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

では目次です

起業への2つの道

起業への2つの道

将来起業したい!と思っていれば、
どうやって起業しようか?って悩んできたはずです。

会社辞めて、起業をして本当に稼げるのか?って不安になりますよね。
わかります。

ですが起業するには、会社を辞めずに起業する方法ももちろんあります。

会社をやめて起業するパターン

まず、一番皆さんが思い浮かぶパターンだと思いますが

会社をやめて起業をするパターンです。

それも0からの起業。

このパターンは当然ながら一番リスクも高い一方で
軌道に乗れば本業一本として、リターンも大きいです。

自分が生活していくお金、運営していくお金
どんな起業をするかにもよりますが

まずは軍資金が必要ですよね。

リクルート時代に起業した先輩方で、起業一本でやっていかれている方に聞くと
最低、1000万~2000万ぐらいはないと、厳しい状態になる

という意見が大半でした。

普通にサラリーマンしてる方からするとなかなかにハードルも高くリスクも感じてしいますよね。

ポイント!
・軍資金が1000万以上必要!
・ハイリスクハイリターン!

会社に所属しつつ副業として起業するパターン

次にこちらです。

この場合は、会社に属している間に副業として起業をし
その副業がある程度軌道に乗ったら、本業として独立するという方法です。

個人的にはこれが一番おすすめで

リクルート時代の先輩たちもこのケースで起業して成功している方も大勢いますし

私、サウス・コーもこのパターンで起業をしています。


こうなると、就労先が副業ができる会社でないと成り立たないですし
本業をやりながら、副業をするので、どちらもおろそかになるというリスクもはらんでいます。

本業で年収もあがらなきゃ、副業での収入もない。
最悪ですよね。笑

ちなみに、安定した収入で言うと
月に100万の売り上げが1つの目安だと言われています。

ポイント!
・本業収入がありながら立ち上げ可能
・初期はローリターン
・本業も副業もうまくいなかいと最悪

起業を目指せるおすすめの転職先はどこか?

起業を目指せるおすすめの転職先はどこか?

おすすめの業界

どんな業界で起業したいのか?にも寄りますが

現状で圧倒的にお勧めなのは、WEB系の企業になりますよね。

ホリエモンも言っていますが、
ネットのサービスであれば仕入れも、在庫も0なので
事業運営リスクは低く、
ネットサービスで起業するのは一つの正攻法となっています。

その観点で、WEB系の企業であれば、WEBリテラシーが高くなったり
起業に向けたスキルも付けられますよね。

それに、WEB系の企業であれば、副業OKな企業も多いです。

おすすめの企業

副業可のWEB系企業で起業する方が多いおすすめの企業をまとめました。

リクルートグループ

リクルートグループは創業当初から副業可の企業で
副業の草分け的な企業です。
私サウス・コーも、リクルートグループで副業をしながら
現在に至ります。

何が素晴らしいか、副業をしている方が多いので
そういった人間関係や情報も得れる
ので
個人的な私見ですが成功高確率も高くなると思っています。

DeNA

社内でも新規事業をばんばん起こしているので
そういった起業家マインドを持った優秀な方が多く在籍しています。
元リクルートの方も多く在籍しており

副業をしている方も非常に多い印象です。

社風も、上下関係が薄くイノベーションが起こりやすい環境を提供しているので、起業を前提にした転職としてはとてもお勧めです。

Yahoo!

みんなが大好きYahoo!ですが、こちらも副業可です。
起業家マインドを持っている方は多く在籍している印象ですが
一方で、リクルートグループ、DeNAほど起業する人は多くないかな?という印象です。ですが、社内でも多くの成長環境が用意されているので、そういった意味でもおすすめです。

サイバーエージェント

AbemaTVなどでもめちゃくちゃ勢いある企業ですし
創業者の藤田社長も未だに現役で社長をされているので
当然ながら起業は奨励されていますし
若いうちに多くの裁量権与える企業ですので、成長機会としても申し分ないと思います。ちょっとお祭り、部活的なノリが強い企業でもあるのでそういった雰囲気が好みではない場合は、一考のよちはあるものの
依然としておすすめの企業であります。

ソフトバンク

日本の起業家、孫正義社長が誇る、ソフトバンクです。
大企業として安定もあり、成長環境もある素晴らしい企業ですが
正直独立して起業するといった方は多いイメージはあまりありません。

おすすめの企業への転職におすすめの転職エージェント

おすすめの企業への転職におすすめの転職エージェント

こういった企業への転職をするのであれば
やはり、転職エージェントを通じて転職するのがもっとも近い道だと思います。

なぜなら、転職エージェントは多くの情報を保有しているから、転職確率も上がります。

サウス・コーが転職で使っているサイト

圧倒的にお勧めがビズリーチです。
年収としては500万以上の方に特におすすめです。
履歴書を登録しておくと、その経験にあった様々な求人案内が届きます。

しっかりと書いていれば1日に10件以上来たりして
自身のいろいろな可能性を感じることができます


その中にも、おすすめした企業への案件が来ることもありますから
ぜひ良縁を勝ち取ってください

ビズリーチの無料会員登録はこちら

次にお勧めしたいのは

↓の記事でも紹介しているマイナビエージェントです。

私が管理職をしている現在からリクルート時代まで
転職してきたメンバーが

口をそろえてマイナビエージェントの対応が素晴らしいと言います。

ぜひマイナビエージェントを一度登録してみてください。

マイナビの無料会員登録はこちら

以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!