未分類

これがイケてる営業職の転職理由だ!おすすめ5選を紹介!

これがイケてる営業職の転職理由だ!おすすめ5選を紹介!

現在、営業職で転職を検討している方で、いい転職理由は何か。
どんな転職理由なら受かりやすいのか。

お悩みではないですか?

サウス・コーがリクルート時代にメンバーからもこの手の相談を多く受けてきました。

本記事では


営業職のおすすめの転職理由
営業職の転職理由の導き出し方
営業職のおすすめの転職エージェント


を解説します。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

目次です

営業職のおすすめの転職理由

まず、いちばん皆さんが気になる、営業職のおすすめの転職理由をお伝えします。


そもそも、転職理由は各個人の理由に100%依存している話なのですが

それを言葉にする事が難しかったり
その言葉にした転職理由がイケてるのかわかなかったり

そういった観点が気になるはずなので、
おすすめの転職理由を先に紹介します。

鉄板の営業職の転職理由

まずは鉄板の転職理由からご紹介します。

提案できる幅を広げたい

これは主に、カーディーラーの方や携帯販売の営業をされていたり
提案の幅が、ある特定の商品を売るというようなケースに多く見られます。


有形商材→無形商材へのチャレンジもまさに同じことが言えます。


特にwebサービスを代表とする無形商材は

顧客の課題とゴールを聞き出したりすり合わせたりしながら
そのゴール達成に向けて、様々な提案をする

そういった内容になるので、画一的な提案内容ではうまくいかない
ケースが多く発生するので

営業マンとしてのスキルを上げたい

そういった考え方もセットになっているケースが多いです。


また、この転職理由を使う場合は

実体験に基づく理由だとよりいいです。

例)

前職では、ある1つの商品しか提案することができず
顧客に本質的な価値を返せていないと感じていました

こんな感じでもう少し詳しいエピソードがついてくると
説得力が増します。

好きなサービス・プロダクトを売りたい

次にこちら。
こちらも多いですね。

特に転職検討先の企業が、名の知れたサービスを展開していたとすると、こういった転職理由になるケースもあります。


採用する企業側からしても、
自社の製品が好き=自社への忠誠心の高さ

とも捉えられたりするので、こういった転職理由もありでしょう。


一方で1点懸念点があるとすれば



やや、浅い転職理由に聞こえなくもないので

もしこの転職理由を使うのであれば、

好きという熱量はしっかりと高めて、
企業の情報もキャッチアップしておかないと逆にマイナスな評価になる事もありますので注意です。

提案先を変えたい(個人→法人等)

お次はこちらです。

こちらのケースも結構多く、
個人営業からより難易度の求められる法人営業にチャレンジしたいという内容になります。

大別すれば、スキルアップ、キャリアップ系の転職理由になりますね。


1点必ず準備する内容としては

なぜ個人から法人に変えたいのか?を言葉にできるようにしておくことです。


大抵、
社会に対してより大きな影響を及ぼせる
法人営業の方が関係してくる人が多くなったりして難易度が高いので自己成長につながる


こういったあたりが相場かなと思います。

働きやすい環境で働きたい(ワークライフバランス)

次にこちらですね。
こちらの転職理由が活かせるのは

  • 現状かなり営業として売れている
  • 現状の労働環境がかなり厳しい(出張がめちゃくちゃ多い、単身赴任している)
  • 受ける企業が働きやすい環境を標榜している

この3点がそろって初めて利用可能な転職理由になります。


サウス・コー的にはすごくお勧めするわけではないですが

一定程度存在する転職理由なので覚えておいて損はないと思います。

もっと成長できる環境で働きたい

これも、かなり多い鉄板ネタですし

一見、成長意欲が強く、ポジティブに見えるのですが

深掘りの質問があったときに
ぼろが出てしまうとネガティブに転じるケースもありますので要注意です。


少なくとも、私が面接官時代は深掘り質問対象でした。


なぜ深掘りするのか?というと、
現職からの逃げ、の方もこの転職理由を使うケースがあるからです。


一方で、現職でもめちゃくちゃ頑張っていて、評価も高い営業パーソンであれば
逆に、めちゃくちゃポジティブにも転じるので

あえて列記しています。

その他にも、企業ごとにこういった転職理由のほうがいい!

等の細かいアドバイスは転職エージェントにサポートしてもらいながら

しっかりとした転職理由を構築しましょう。

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら

■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら

イケてない転職理由

今度は一転、イケてない転職理由になります。
これは、サウス・コーが面接官として従事していた経験をもとに

これはやめておいた方が無難!というのを選んでいます。

それぞれ説明していきます。

裁量を広げたい

まずはこちらです。
一見これ、問題なさそうにも見えるのですが

大きく2つの理由でいまいちです。

  • 現状裁量を持たせてもらえていないイマイチなプレイヤーであると伝わる
  • 裁量は勝ち取る物であるということを理解していない人だと伝わる

この2点です。

端的に言えば、いまいちな人にしか見えないので

よっぽどの事がない限りおすすめはしません。

裁量は与えてもらうものではなく、勝ち取るものです。
なので、そこで嘆いているという事は
仕事できない奴かなぁって思いますよね。

転職理由に何故?と聞かれて答えられない転職理由

次にこちらです。
詳しくは次の章で確認していただきたいのですが

転職理由が浅いので、こちらもいまいちな人に見えてしまします。

少なくとも、なぜを2回はふかぼっても答えられるようにしておきましょう。

例)

提案できる幅を広げたい
↓WHY?
より多くの顧客の悩みや課題を解決したい
↓WHY?
社会に対しての影響が大きくなり、自身の介在価値が大きくなる

すくなくともこのレベルぐらいまでは深掘りは必要です。

こういった点も、自身で構築した転職理由を
しっかりと転職エージェントに添削とチェックをしてもらいながら
ブラッシュアップをしましょう。

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら

■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら

営業職の転職理由の導き出し方

次に転職理由の導き出し方の紹介です。
こちらに関しては

リクルートのマネージャー時代に
メンバーが転職する時にサポートで利用していたフォーマットを紹介します!

下記に応じてワークをしてみてください。

転職理由フォーマット

転職理由フォーマット

こんな形になります。
それでは、こちらの記入済み参考例を記載します。
想定はカーディーラーからホットペッパーの営業職への転職です。

転職理由フォーマット

上記の変化させたい理由
という箇所が、転職理由になるイメージです。

このように、整理することで
各社にカスタマイズする形で転職理由を明示することができますので

活用してみてください。

営業職のおすすめの転職エージェント

サウス・コーがリクルートのマネージャー時代に、
転職してきたメンバーからの対応満足度をベースにおすすめをしています、

下記ご参考にどうぞ。

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら


■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら

■市場価値算定からしっかりと転職活動をしたい!という方におすすめのミイダス
ミイダスの登録はこちら


■その他おすすめ記事
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

本日は以上です!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

【応用編】面接合格者だけがしている履歴書・職務経歴書のポイント

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウス・コーです!

今回は、基本編でお伝えした、
合格者だけがやっている履歴書・職務経歴書の書き方について
応用編をお伝えします。

基本編のまとめ

  • 履歴書の写真は絶対に貼りましょう。合格者の8割は写真あり、不合格者は半分の人しか写真を貼っていない。
  • 面接官は熟読しないので、要点をつかんだ表現で書き方をしましょう。躊躇せず太文字や下線を利用する。自己PRにつながらない職務詳細はスリム化。

基本編:【基本編】面接合格者だけがしている履歴書・職務経歴書のポイント


今日のコンテンツはこちら

合格者だけが知っている職務経歴書のベストな構成

まず、こちらです。
そもそも、職務経歴書の構成要素は下記となっていることが多いです。

  • 職務要約
  • 職務経歴詳細
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 自己PR
  • 実績
  • 資格等

職務経歴詳細にすべてが混在しているバージョンなどいろいろあるのですが
一番オーソドックスな構成要素が上記したものです。

正直、いろいろな構成で書いてくる方がいますが
やっぱり合格されている方と不合格者での違いが露骨にでました。

不合格者に多い構成

  • 職務要約
  • 職務経歴詳細
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 自己PR
  • 実績
  • 資格等

このパターンですね。
最初の方に職務経歴詳細が来るので、
正直、文字が多く見る気がなくなります。

特に注意なのが、前職がそれなりに知名度のある会社の方
もしくは、IT系、MRなどやや商品知識の観点で複雑な業界の方に多いイメージです。

合格者に多い構成

  • 職務要約
  • 実績
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 職務経歴詳細
  • 自己PR
  • 資格等

この順番ですね。

なぜこの順番がいいのか?

基本編を再度チェックしていただきたい

基本編: 【基本編】面接合格者だけがしている履歴書・職務経歴書のポイント

面接官は熟読しないので、結論から知りたいのです。
結論とは何か?でいうと

あなたは何ができる人で根拠は?

なのです。

ですから、それへの答え方は

私はこれができます、根拠はこれです。

これを職務経歴書に置き換えると

私はこんな実績を残してきたし今後も残せて、それはこんなスキルや技術があるからです。根拠はこんな仕事を経験してきているからです。

この順番になぞらえると、上記の職務経歴書の流れになるのです。

実績の効果的な書き方

こちらは巷でも結構語られることですが
おさらいも兼ねて

できる限り定量で表現しましょう。

これ正直、リクルートの中途の営業職にエントリーする方でも
前職の職務内容的に、定量化し辛い方が一定程度いるのはわかっているので
無責任に定量化しましょうと語るのはさけたいなと思っています。

なので、定量化し辛い内容をすこし実例を用いて説明します。

実例:役員秘書をしていた方の例

営業ではないので、役員秘書という安定的かつ質高く役員の身の回りのお世話をする職務です。どう定量化したらいいのでしょうか。

過去に相談された方へはこのようにアドバイスしました。

①効率化の対応

役員の海外出張の手配に関して、手配効率を上げ、素早い対応ができるようになりました。

役員の海外出張の手配に関して、手配効率を上げました。効率化前は1度の出張の予約をするのに約2時間程度要していたのが、30分で完了できるようにしました。

②仕事ぶりを評価され正社員登用されたこと

当時担当していた役員に仕事ぶりを評価され、正社員登用に推薦していただきました

当時担当していた役員に仕事ぶりを評価され、凡そ10名志願して1名程度の狭き門である正社員登用に推薦していただき、過去の役員秘書5名いたうち初めての事例となりました。

こんな形で定量化するとよいです。

求めている人物像→自己PR→能力→実績がすべてつながっている状態

これが一番難しく、一番大事な点です。
そもそも自己PRに当たる部分は面接で口頭で伝える部分と思ってください。

「前職で一番頑張った仕事をおしえてください」

こういった質問に対して答えるのが自己PRの部分です。

一番大事な部分は、
受けている会社の求めている人物像と自己PRをしっかりとマッチさせることです。
ここがずれていたら、どれだけ素晴らしい仕事を前職でしていても撃沈します。

そしてその自己PRで語っている内容を大別するとどんなスキル・力になるのか

最後に、そのスキルを使った結果、どんな実績がもたらされたのか。

これが一つのストーリーとして語れるように書きましょう。

これら一つ一つがばらばらで一貫性が薄いのが不合格者の特徴です。

このあたりの対策は転職ミーティング!でも行っているので
無料相談からご相談ください。

無料相談:リクルートグループ特化型 アドバイザリーサービス

応用編まとめ

  • 職務経歴書の構成は:職務要約→実績から。結論から書きましょう
  • 実績はできる限り定量で表現
  • 受ける会社が求めている人物像と自己PR→スキル→実績に一貫性を持たせる

以上です!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

元面接官が語るリクルート契約社員の難易度と倍率!

候補者A
候補者A

契約社員の面接って何回あるんですか?
それぞれ倍率ってどんな感じですか??

じゃあそのあたり一挙に答えますね!

サウスコー
サウスコー

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです。

冒頭で受けるご質問は本当に多いです。
自身が面接担当していた頃の所感とで解説します!

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

今日のコンテンツはこちら

面接回数は何回あるの?

面接のフローがいくつがあるのですが
一番オーソドックスなパターンはこちらです。
主に転職エージェント経由である大半の候補者は
こちらの流れになります。

  1. 書類選考
  2. SPI筆記試験
  3. 1次面接:営業マネジャー、人事
  4. 2次面接:部長

このフローです。

ですので結論面接の回数は2回です。

2回以上あることもあるの??

あります!
どうゆう場合か、大きく分けて2点です。

  1. 面接途中で担当組織の人員が埋まってしまった場合
  2. 自組織にはフィットしなそうだけど、ほかの組織の営業ならフィットする可能性がある場合

まず最初の人員が埋まってしまった場合
このケースたまに起こります。

空きがなくても、もし空きがあれば採用したい!みたいな候補者も当然現れるので
そうなった場合、最終面接や1次面接を他の組織やサービスの営業マネジャーや部長と行うケースがあります。
その場合は、転職エージェントなどからも説明がある事がほとんどです。

2つ目のケースもたまに起こります。
契約社員の面接のほとんどは、自組織の人員確保の観点で
営業マネジャーや部長が面接をしています。

とすると、当然自組織で求められるスキルや雰囲気などは理解しきっている上で
「うちでは絶対活躍できるとまでは言えないけど、他の組織ならありえる!」
「この候補者のやりたいことは、うちの組織ではできない可能性があるけど、ほかの組織ではできるかも」

こういったケースで、ほかの組織の営業マネジャーや部長と改めて面接が組まれる場合があります。
この場合にも、通例的には転職エージェントさんから説明があると思います。

それぞれの面接においての倍率は?

以前担当していた時に人事から聞いた話を元に
あくまで参考レベルの倍率を下に載せます。

  • 1次面接:40%~50%
  • 2次面接:40%~50%

という事で
1次→最終合格まででいえば

16%~25%の合格率となります。

合格率を高めるには?

まずはこちらの記事をチェックしてみてください。

1割の面接合格者だけが対策している第一印象の重要性

要は無駄に第一印象でネガティブ評価をもらわないことがまず第一関門です。

あくまで清潔感、サイズの合った服、髪型、メイクなどの
転職エージェントや第三者にチェックしてもらいながら準備しましょう

それは当たり前レベルで準備ができているとして

あとは職務経歴書、その話し方、面接ですね。

こちらも参考になる記事はこちらにあげています。

リクルートの人事評価はこれだ!【面接対策のネタ】

リクルートグループへの転職でおすすめの転職エージェント&転職サイト

営業職、リクルートへの転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチミイダスに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら
ミイダスの登録はこちら

■おすすめ記事
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!

本日は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました~!

イケてない逆質問を徹底解説!【面接対策】

サウスコー
サウスコー

では最後に質問はありますか?

特にございません!

候補者A
候補者A
サウスコー
サウスコー

(微妙なやつーやなぁ)

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです。

今日お伝えするのは、面接の時に絶対やってはいけない逆質問を解説します。
転職エージェントさんから面接対策の指南を受けた方でも

最後の質問の重要性を教えてもらえた方は少ないのではないか?と思っています。

というのも、最後の質問で圧倒的ミス質問をする人が非常に多いからです。
私の所感ですが、10人中5人ぐらいはそんなNGな逆質問をしちゃいます

なんでそんな逆質問をしてしまうのか?と受け手としても考えた時に
色々ポイントがありそうだなぁと思ったので、実例を用いながら説明します!

ただ、特に中途採用に関してはその面接官の感じ方に一定程度のバラつきがあるので絶対これでNGとならないケースもあろうかと思います。
ただリクルートグループの管理職の方ならその背景までお伝えすれば
ご理解いただけると思うので、今後面接受ける方は参考にしてみてください。

今日のコンテンツは下記の流れです。

よくあるイケてない逆質問集

まず知りたいのはどんな逆質問がNGなの?
というところではないかと思うので
まずお伝えしますね。

ただ、この伝え方は私としては非常に悩ましいんです。
これをご覧になって、付け焼刃的に対策をする結果になってしまうのではと危惧します。

転職もそうですが、リクルートグループへの転職は付け焼刃ではどうにもなりません。
そこはねんとうに置きながらチェックしてみてください!

では早速ご紹介します

  • 皆さん大体何時ごろに帰ってますか?
  • 入社までに準備しておかないといけないことはありますか?
  • どうやったら正社員になれますか?

他にもありますが、結構記憶に残るNGな質問はこの3つです。

では解説します。

なぜイケてないのか?

みなさん、この3つなぜNGなのかわかりましたか?
結構、難しいんじゃないかと思います。

まず前提知識として
面接するリクルートグループの人事とか、管理職の人たちって
どんな人なの?どんな事を考えているの?を抑えておかないといけないと思います。

以前も紹介しましたが
リクルートグループの社員の最も大きな特徴ですが

圧倒的当事者意識を求める

です。

ここにヒントがあるのではないでしょうか。

別記事にもまとめているのでぜひこちらもごらんください!

「皆さん大体何時ごろに帰ってますか?」

まず1つ目

これはまあわかりやすい部類じゃないかと思います。

特に契約社員になると、自分の組織に入ってくるメンバーを採用しているケースが圧倒的ですので活躍する人材を採用したい訳です。

そして、この質問の何がNGなのかと言うと

「この人、業績達成しなくても、ささっと帰っちゃいそう」
って思わせるんです。

リクルートグループは、リクルートホールディングスが上場を果たしたぐらいから本格的に労働時間に関しては管理されるようになりました。
主たる管理者であるグループマネージャーはメンバーの超過労働に関しては総務人事等からしっかりとした管理が求められている状態です。

なので、実際のところは業績達成するまで死んでも働け
なんてことは一切ないのが現状です。ご安心を。

だからこそ、面接官であるマネージャーや部長の方は

入社前から帰宅時間を気にするというところに過敏に反応します。

とはいえ、もしこの点が気になるようでしたら、
転職エージェントに聞くか、人事に聞くか、内定出た後に聞く事をお勧めします。

入社までに準備しておかないといけないことはありますか?

続いて2つ目。
これは難問じゃないですか?
多分これで一発NG出すところまではいかないケースもあると思いますが
場合によっては地雷なので、聞き方を変えるか、しないかが無難です。

そしてなぜこれがNGなのか?

この質問の裏返しの意味合いは

「この人指示待ちタイプなんじゃない?」

って思わせるんです。

上述しましたが、圧倒的当事者意識の欠けを感じるんです。

「いやいや、当事者意識、やるきがあるから聞くんじゃない!」

という反論が聞こえて来そうですが
もし本当に「やる気のある人、指示待ちじゃない人」なら
こういう風に聞くと思います。

「●●の商材の営業ということで、●●業界に関する知識のキャッチアップは本やウェブからしようと思うのですがサウスコーさんなら他にどんなことなさいますか?」

この違いわかりますか。

  • 自身で一考している
  • 自発的に行動しようとしている
  • 知見者から最短距離を探ろうとするずる賢さ

同じようなことを聞いていても
印象はこれだけ違います。

逆に言うと、リクルートグループの管理職はこういうメンバーが活躍することを体感していますし
好きなのです。

どうやったら正社員になれますか?

では最後ですね。

もちろん正社員登用制度があるので、当然気になることなんだと思うんですが
ちょっと重いんですよね。
あと、ちょっと器小さいなぁって感じます。

重いなぁって感じでいうと
恋愛関係で例えるとこんな感じに聞こえます。

「結婚願望ありますか?もしあれば結婚前提に付き合って欲しいんですけど」

いや、本当に皆さんの価値観を否定するわけではないんですが
一般論としてやや重くないですか?!(笑)

男女どちらの立場からこれ言っても、重いなぁと思うんですよ。

多分皆さんが結婚したいなぁと思いつつ、まずは付き合いたい
そういったステップを踏むならこういう告白の仕方はあまりしないのではないですか?。

その意中の相手から探って行くとか、付き合いながら確かめていく
そんな方法をとる方が大半なのではないかと思います。

あともう一つ器小さいなぁって感じでいうと

「あれ、もしかしてこの方、うちの正社員程度がゴールになっちゃっている人なの?」

って感じがぷんぷん匂います。

リクルートグループで管理職やっている方とかって
コミュ力の塊みたいな人ばっかりで、本当にたくさんの人を見てきているので
ここで3年間やり切って起業したいんです!とか
とにかくこの3年間で圧倒的な成長を果たしたいんです

っていう未知の期待の方が
「もしかしたらこの方やってくれるかも」って思わせるんですよね。

今回のコンテンツは以上です!
最後までご覧いただきありがとうございます!

サウスコー