履歴書・職務経歴書対策ネタ

転職がうまくいかない20代に贈るうまくいかない3つの理由と対策を徹底解説!

転職がうまくいかない20代に贈るうまくいかない3つの理由と対策を徹底解説!
候補者A
候補者A

初めての転職活動
だけど思ったようにいかない。
何がダメなんだろう。。
転職うまくいくためのコツを知りたい!

本記事では、20代の方で転職がうまくいかないという悩みを

持たれている方に1歩でも転職活動がうまくいくように

3つのうまいかない理由と対策を紹介します。

この紹介するチェックポイントを素直に受け取り
実行に移せば、転職活動多少なりともいい形にはなっていくと思います。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

それでは目次です!

転職活動がうまくいかない理由は3つだけ

転職活動がうまくいかない理由は3つだけ

転職活動がうまくいかないと、何もかもうまくいかない気がして

めちゃくちゃメンタル落ちますよね。

私もリクルートでマネージャーをしていた頃
部下のメンバーが転職活動うまくいかないところを多く見ていました。


ですがそういったメンバーに話を聞いてみると
大抵、改善ポイントは3つに絞られます。

その改善ポイントを素直に、着実に改善に移せば
転職活動が好転していました。


それでは一つずつ解説していきましょう!

自分の市場価値を理解していない

まず、いきなりですが、結構厳しい事を言います。

転職活動において、根本的に改善しなくてはいけないのはここです。


あなたは転職市場において、どんな位置づけですか?
転職市場において、あなたより優秀な人はいますか?

こういった質問に真摯にこたえていく過程がとても大事になります。


正直、同僚や同期と比べたときに
圧倒的な差がある、それを自他ともに認められるレベル
でないと、年収アップの転職は難しいです。

年収ステイでいいところだと思ったほうがいいです。

現職でちょっと評価されていた

ぐらいだと、転職市場に速攻でくらわされます。

チェックの仕方

・信頼できる転職エージェントに率直に聞く

「今狙っている企業は自分の市場価値にマッチしているか?狙える範囲にいるのか?」

・同期や同僚と自分のスキルや実績の比較をする

第一印象が悪い=対策していない

次がこちら。
第一印象の重要性は、過去にも記事にしているので
まず参考にしてみてください。
1割の面接合格者だけが対策している第一印象の重要性

あなたは、第一印象の対策をしていますか?


毎日通勤している現職の中では
あなたの印象はすでに定着しているので

多少、髪型が崩れようが、髭が残っていようが、派手な服をきてようが

その第一印象が揺るぐことはないのです。


ですが、そのノリで転職市場に乗り込めば、良縁は訪れないでしょう。


徹底的に、清潔感や着る服、髪型、声のトーンを意識する
もしくは信頼できる方にチェックをしてもらいましょう。

もう自分の目はあてにならないぐらいの気持ちで臨んだ方が得策です。

チェックの仕方

・信頼できる転職エージェント、もしくは第三者に自分の面接に臨む時の服装、髪型をチェックしてもらう

・髪型は美容室で、好印象にしてもらうようにオーダー
→男性はホットペッパービューティーで男性におすすめの美容室で検索すると良い

・男性は紺スーツに白シャツ、女性はジャケット着用、肌の露出は控える

面接の練習、職務経歴書の添削をしていない

そして最後にこちらです。

利用している転職エージェントによると思いますが

今まで転職に成功してきた部下たちや、入社してきたメンバー達が
口をそろえて、いい評価だったのが、

マイナビType転職エージェント ですね。


リクルートエージェントは、正直対応に関して満足している人が少なくて

マイナビ と、 Type転職エージェント

本当に細かい点まで気にかけてくれたり
直前まで面接の練習の対応をしてくれたりと
丁寧な対応だそうです。



こういったエージェントを利用すれば
面接の練習や職務経歴書の添削は行ってもらえるので

当たり前レベルとして行ってもらいましょう。


もし、そういった対応ができないエージェントだとしたら

即変更!しましょう。

チェックの仕方

・転職エージェントを利用をしていなければ登録する
・模擬面接や添削に対応していないエージェントはやめて切り替える
・対応満足度の高い、 マイナビ から Type転職エージェント に登録する
マイナビの登録はこちら
Type転職エージェントの登録はこちら

まとめ

20代で転職がうまくいかない理由は3点!

  • 自分の市場価値を理解していない
  • 第一印象が悪い=対策をしていない
  • 面接の練習、職務経歴書の添削をしていない

ここまで書けば、なんとなく理解されていると思うのですが

どれも、本人の思い込みが根本的な原因ですよね。

だれか信頼のおける第三者

転職で言えば、
信頼のおける転職エージェントを利用することがとても大事だという事です。

20代で転職で成功するためのおすすめの転職エージェント

サウス・コーがリクルートのマネージャ時代に
100人以上のメンバーを迎え、送り出してきて

そのメンバー達がもっともおすすめしている!
対応満足度の高かったエージェントが下記2社です。

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

※参考記事: 営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら

以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

【応用編】面接合格者だけがしている履歴書・職務経歴書のポイント

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウス・コーです!

今回は、基本編でお伝えした、
合格者だけがやっている履歴書・職務経歴書の書き方について
応用編をお伝えします。

基本編のまとめ

  • 履歴書の写真は絶対に貼りましょう。合格者の8割は写真あり、不合格者は半分の人しか写真を貼っていない。
  • 面接官は熟読しないので、要点をつかんだ表現で書き方をしましょう。躊躇せず太文字や下線を利用する。自己PRにつながらない職務詳細はスリム化。

基本編:【基本編】面接合格者だけがしている履歴書・職務経歴書のポイント


今日のコンテンツはこちら

合格者だけが知っている職務経歴書のベストな構成

まず、こちらです。
そもそも、職務経歴書の構成要素は下記となっていることが多いです。

  • 職務要約
  • 職務経歴詳細
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 自己PR
  • 実績
  • 資格等

職務経歴詳細にすべてが混在しているバージョンなどいろいろあるのですが
一番オーソドックスな構成要素が上記したものです。

正直、いろいろな構成で書いてくる方がいますが
やっぱり合格されている方と不合格者での違いが露骨にでました。

不合格者に多い構成

  • 職務要約
  • 職務経歴詳細
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 自己PR
  • 実績
  • 資格等

このパターンですね。
最初の方に職務経歴詳細が来るので、
正直、文字が多く見る気がなくなります。

特に注意なのが、前職がそれなりに知名度のある会社の方
もしくは、IT系、MRなどやや商品知識の観点で複雑な業界の方に多いイメージです。

合格者に多い構成

  • 職務要約
  • 実績
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 職務経歴詳細
  • 自己PR
  • 資格等

この順番ですね。

なぜこの順番がいいのか?

基本編を再度チェックしていただきたい

基本編: 【基本編】面接合格者だけがしている履歴書・職務経歴書のポイント

面接官は熟読しないので、結論から知りたいのです。
結論とは何か?でいうと

あなたは何ができる人で根拠は?

なのです。

ですから、それへの答え方は

私はこれができます、根拠はこれです。

これを職務経歴書に置き換えると

私はこんな実績を残してきたし今後も残せて、それはこんなスキルや技術があるからです。根拠はこんな仕事を経験してきているからです。

この順番になぞらえると、上記の職務経歴書の流れになるのです。

実績の効果的な書き方

こちらは巷でも結構語られることですが
おさらいも兼ねて

できる限り定量で表現しましょう。

これ正直、リクルートの中途の営業職にエントリーする方でも
前職の職務内容的に、定量化し辛い方が一定程度いるのはわかっているので
無責任に定量化しましょうと語るのはさけたいなと思っています。

なので、定量化し辛い内容をすこし実例を用いて説明します。

実例:役員秘書をしていた方の例

営業ではないので、役員秘書という安定的かつ質高く役員の身の回りのお世話をする職務です。どう定量化したらいいのでしょうか。

過去に相談された方へはこのようにアドバイスしました。

①効率化の対応

役員の海外出張の手配に関して、手配効率を上げ、素早い対応ができるようになりました。

役員の海外出張の手配に関して、手配効率を上げました。効率化前は1度の出張の予約をするのに約2時間程度要していたのが、30分で完了できるようにしました。

②仕事ぶりを評価され正社員登用されたこと

当時担当していた役員に仕事ぶりを評価され、正社員登用に推薦していただきました

当時担当していた役員に仕事ぶりを評価され、凡そ10名志願して1名程度の狭き門である正社員登用に推薦していただき、過去の役員秘書5名いたうち初めての事例となりました。

こんな形で定量化するとよいです。

求めている人物像→自己PR→能力→実績がすべてつながっている状態

これが一番難しく、一番大事な点です。
そもそも自己PRに当たる部分は面接で口頭で伝える部分と思ってください。

「前職で一番頑張った仕事をおしえてください」

こういった質問に対して答えるのが自己PRの部分です。

一番大事な部分は、
受けている会社の求めている人物像と自己PRをしっかりとマッチさせることです。
ここがずれていたら、どれだけ素晴らしい仕事を前職でしていても撃沈します。

そしてその自己PRで語っている内容を大別するとどんなスキル・力になるのか

最後に、そのスキルを使った結果、どんな実績がもたらされたのか。

これが一つのストーリーとして語れるように書きましょう。

これら一つ一つがばらばらで一貫性が薄いのが不合格者の特徴です。

このあたりの対策は転職ミーティング!でも行っているので
無料相談からご相談ください。

無料相談:リクルートグループ特化型 アドバイザリーサービス

応用編まとめ

  • 職務経歴書の構成は:職務要約→実績から。結論から書きましょう
  • 実績はできる限り定量で表現
  • 受ける会社が求めている人物像と自己PR→スキル→実績に一貫性を持たせる

以上です!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

【基本編】面接合格者が対策している履歴書・職務経歴書の書き方

リクルートの中途採用の履歴書・職務経歴書対策
候補者A
候補者A

サウス・コーさん
履歴書や職務経歴書って重要ですか?

まあそりゃ重要だね。
重要っちゃ重要だけど、おれの経験でいうと
ちゃんと見ている人と見ていない人がいるので、なんとも言えないところもあるんだよね。

サウスコー
サウスコー
サウスコー
サウスコー

そうなんですね!
とはいえ、押さえておかないといけないポイントありますよね

あるある。
じゃあ今日はそのあたり
面接官時代の実体験も含めて解説していこうか。

サウスコー
サウスコー




リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウス・コーです!
今回は、履歴書、職務経歴書の書き方のポイントをまとめています。

自身が元面接官だった際の所感を元に書いておりますので
ぜひ参考にしてください。

基本編と応用編の2編にわけてお伝えしています。

応用編:【応用編】面接合格者だけがしている履歴書・職務経歴書のポイント

今日のコンテンツはこちら

合格者の8割は履歴書の写真を貼っている

こちらのタイトルを見て、どうお感じなりますでしょうか。
いや、普通貼るでしょ!?って思う方もいると思うのですが

以前合格者と、不合格者の履歴書と職務経歴書を比較して分析していた際に気づいたのですが、
写真を貼っている割合に大きな開きがありました。

不合格者のうち半分の人は写真を貼らない

合格者のほとんどは写真を貼っていたにも関わらず
不合格者は、なんと過半数にも満たないという結果でした。

履歴書の写真の撮り方についてはこちらの記事もどうぞ

面接合格している人が対策しているエントリーシートの写真の撮り方

写真が貼った方が印象は絶対的にいい

これは所感ですが、面接前に、履歴書を確認するのですが
写真を貼っていないだけで、

「あれ、やる気ないのかな?」

と感じます。
これは第一印象の重要性でも記事にしていますが
面接前にネガティブ情報があるというのは本当に合格率を押し下げるので
お勧めしません。

多少手間がかかろうとも、絶対に写真を準備して貼りましょう。

1割の面接合格者だけが対策している第一印象の重要性

面接官は熟読しない

次に、私が面接官だった時もそうですが
基本的に面接官は履歴書、職務経歴書を熟読しません。

というのも、当日、本人の言葉から出てくる言葉の方が
信憑性が高いと思っているからです。

その前提を抑えた上で2点ポイントです

  • 本当にアピールしたいことは何か?を精査する
  • 他の人に見てもらって、「読む気になる?」をチェックする

この2点です。

本当にアピールしたいことは何か?を精査する

例えば、新人200人中1位になりました
みたいな内容が、超小さくちらっと書いてあったりします。

本当に重要なことなのに、全然目立たない。
その超重要な情報が、どうでもいい情報の間に埋もれていたりする。

その1つの情報ならまだいいのですが、結局この人何が持ち味なの?ってレベルで、本当に何も伝わってこないことがよくあります。

一方で合格している方は、そのアピールしたい情報を
少なくとも、太字にしたり、下線を引いたりと、
「ここ見てください!」とわかるように書かれています。


もちろん、全体の構成を見直せるのならそれはそれで素晴らしいのですが

必要最低限のレベルとしては、太字、下線、目立つように工夫するはしましょう。

他の人に見てもらって、「読む気になる?」をチェックする

これは、内容をみてもらうというよりも、
ぱっとみて、読みたいと思うか?それだけを判断してもらえばいいです。

というのも、ぱっとみて、読む気が失せる内容の人が多いからです。

特に職務経歴詳細を、つらつら細かい書いてあるような例がそれです

正直、職務経歴詳細は、あんまり見ていないです。

知りたいのは、

今あなたは何ができて、その根拠はなんですか?

それだけです。
根拠の一つの材料として、職務経歴詳細は活かせますが

その場合は、自分は何ができる、なぜならこんな経験をしているからです。

自己アピールにつながらない経歴詳細はスリム化していきましょう。

基本編のまとめ

  • 履歴書の写真は絶対に貼りましょう。合格者の8割は写真あり、不合格者は半分の人しか写真を貼っていない。
  • 面接官は熟読しないので、要点をつかんだ表現で書き方をしましょう。躊躇せず太文字や下線を利用する。自己PRにつながらない職務詳細はスリム化。

基本編は以上です!

応用編はこちら:

最後までご覧いただきありがとうございました~!