高卒の転職は難しいのか?厳しさ、おすすめの転職先を徹底解説!

高卒の方で、転職しようにもうまくいかない
これから転職するけどうまくいくのか不安

こういった事で悩みませんか?

本記事では

本記事の解説のポイント
・高卒の転職は難しいのか?
・高卒におすすめの転職先

を紹介しています。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

それでは本記事の目次d

高卒の転職は難しいのか

高卒の転職は難しいのか

高卒の方の転職が難しいのか?
という質問に対して、難しいとはどういう意味かをまずすり合わせましょう。

転職をどんな企業でもいいのでする事
希望の転職先に行くこと

大方の人は後者をさしているはずです。

では希望の転職先に行くのが難しいのか?という点を解説していきましょう。

高卒で希望の転職先に行くのは難しいのか?

サウス・コーとしては、本人次第!と言いたいところですが
結論から言えば、それなりの難易度が伴うと思います。

大卒と高卒の年収の上昇率の比較

その難易度が伴うと思っているのは
高卒と大卒の年収の上昇率を見たときに

高卒の年収の上昇率が、大卒に比べて低いからです。
大卒の25歳~29歳の平均年収が410万に対して、50歳~54歳で980万と約2.4倍の上昇。
一方で、高卒の25歳~29歳の平均年収が380万に対して、50歳~54歳で730万と約1.9倍の上昇です。

転職の目的はいろいろあると思いますが
年収アップを目的にする方は少なくないはず

結論、大卒と比べて年収の上昇率が低いので、希望の転職先への転職が
難しいのではないかと推測します。

(単位:万円) 出典:厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査

転職回数は高卒の方が圧倒的に多い

一方で、年収という見方ではなく
転職回数を見てみるとどうでしょうか。

下記表をご覧ください

出典: 厚生労働省 雇用の構造に関する実態調査

こちらで明らかになっているように
大卒の42.5%は転職を1度のみ
一方で高卒の79.4%は2度以上転職をしている状況になりますので

転職自体はしているのです。

大卒はハローワークを使わない

次にこちらのデータです
大卒の方はハローワークはあまり使わず
転職エージェントなどの民間の職上紹介機関を使っています。

出典: 厚生労働省 雇用の構造に関する実態調査

もちろん、現職との相性もあると思いますが
ハローワークよりも、民間のエージェントを使ったほうが
年収の上昇は見込めるような気がしますよね。

おすすめの転職進路

おすすめの転職進路

おすすめの転職進路としては
私が過去にいた企業なので手前みそになりますが

リクルートの契約社員は学歴不問なので穴場だと思っています。
その理由としては下記です。

  • 学歴経験不問
  • 社員登用・その他年収アップを果たせる転職が可能

学歴経験不問

まずポテンシャル採用ということで
特に20代であれば前職はなんでもOKです。

もちろん面接はあるので、それなりに準備したり
現職でのがんばりが表現できないと難しいですが

とはいえ、しっかりと対策をしながら挑めば高卒でも
内定を得ることは可能です。

社員登用・その他年収アップを果たせる転職が可能

またリクルートという大手企業への転職
しかもリクルートの契約社員は転職市場でも市場価値が高めにでるので

リクルートの契約社員の契約満了後の転職先も豪華です。
一例)

  • メガベンチャーの営業(LINE、メルカリ等)
  • 外資系IT企業の営業(salesforceのインサイドセールス等)
  • 国内IT企業(Yahoo!、楽天など)
  • 行政機関

またちゃんと業績を出し、組織に対しての貢献が認められれば
正社員にも登用される可能性もあります

正社員に登用されれば、そこから10年以内ぐらいではマネージャーにも
任用される可能性も出てくるので

年収1000万も見えてきます。

過去にもこんなツイートもしていますが
僕が高卒で職歴もそこまでないなら
間違いなくリクルートの契約社員に全力で挑みますね。

以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~