面接実例集

現役面接官10人に聞いた!リクルートの契約社員の面接の質問はこれがくる!

現役面接官10人に聞いた!リクルートの面接の質問
候補者A
候補者A

サウス・コーさん
リクルートの中途の営業職の面接受けることになりました!
初回は現場のマネージャーの方みたいです。

そうだよね!
現場のマネージャーの面接は結構聞く人によって
内容異なる場合があるから要注意だよ。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

どんな
質問があるんですか?

実際に今現場で面接している人たちに聞いてみたんだ。
結構面白いものもあって
例えば
「自分の中から消し去りたい性格は何か?」
「もし明日担当している企業が倒産して目標達成見えなくなったらどうするか?」
などなど
もう少し詳しく解説するね!

サウスコー
サウスコー

リクルートグループの契約社員に応募したけどどんな面接になるのかな?と不安になりませんか?

今回は、現役の面接官10人に聞いた、契約社員の中途面接の時に聞いている質問は何か?を紹介します!

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

サウス・コーのリクルート時代の知人に直接インタビューしているので
本番もこんなこと聞かれるのか!と想像しながら読んでみてください。

今日のコンテンツはこちら

転職理由

まず最初に転職理由ですが
こちらは10名中10名が聞いている内容でした。

まあすごい大事な質問ですからね。

転職理由で見ている所

ネガティブな理由で辞めていないか?
転職という重大な決断を、どんな考え方でしているのか知りたい?

こういった点が多かったです。

転職理由に関しては別記事でも解説しているのでぜひ!
リクルートの営業職の中途採用で不合格にした転職理由をまとめてみた

志望動機

次にこちら、リクルートの志望動機です。
こちらは10名中7名が聞いている内容でした。

意外にも聞かない人もいるのですね。

強み

こちらは
10名中10名が聞く内容でした。
まあこれも予想通り。

強みを聞く時の聞き方

「あなたの強みは何ですか?」
「あなたの強みを生かして、大きな成果を上げたエピソードを話してください」
「あなたが他の同僚と比較して、圧倒的に秀でている点を教えてください」

こんな形で聞く方が多かったです。

弱み

こちらは、10名中9名が必ず聞くと答えていました。
これもまず聞かれるんだと思っておかないといけないですね。

弱みの見ている所

弱みに関しては

  • 自分の事を客観視できているか
  • 自信過剰すぎやしないか
  • 本気で仕事に取り組んできているか(取り組んでいればまともな弱みを把握できているはず)

こういった点を確認していました。

SPIで出た特徴に関する質問

これは以前こちらでもまとめていましたが
【リクルート営業職への転職】SPI対策を徹底解説!

こちらは10名中2名のみが聞くとなっており
予想外に少なかったです。

聞かない理由

こちらは強みや弱みの中のエピソードの深掘りで聞けるという理由が多かったです。またちょっと全体の流れから逸脱するので、聞きにくいといった声もありました。

その他質問

目標達成意欲を見る質問

「もし締め切りの前日に、担当していた企業が倒産してしまい、目標到達が絶望的になったら、あなたならどうしますか?」

「明日の商談が決まらなければ達成できない、そういった状況の時、あなたはどう行動しますか?」

愚直さを見る質問

「行動の量と行動の質、あなたはどちらを大事にしますか?またその理由を教えてください」

「研修も終わり、営業開始できるとなったら、あなたはまずどういった行動指針を持ちますか?」

素直さを見る質問

「最速で1人前になりために、あなたはどういった行動をとりますか?」

「先輩のアドバイスが腑に落ちないとき、あなたはどう行動しますか?」

まとめ

聞かれる割合

  • 転職理由:100%
  • 志望動機:70%
  • 強み:100%
  • 弱み:90%
  • SPIの特徴に関して:20%

その他特徴的な質問で聞く観点

  • 目標達成意欲
  • 愚直さ
  • 素直さ

リクルートへの転職でおすすめの転職エージェント&転職サイト

営業職、リクルートへの転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチミイダスに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら
ミイダスの登録はこちら

■おすすめ記事
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!

以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

リクルートの営業職の中途採用で不合格にした転職理由をまとめてみた

候補者A
候補者A

サウス・コーさん
やっぱり中途の面接では転職理由って大事ですか?

個人的見解だけど、むちゃくちゃ大事だと思う
やっぱりサウス・コーが面接官で不合格にした人を分析してみると、転職理由も一定の傾向があったんだよね。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

え、どんな傾向なんですか?

大きく分けると
・他責的理由系
・それ本当に?系
・仕事選び適当に考えていない?系

の3つが多かった。
細かく解説していくね!

サウスコー
サウスコー

どんな転職理由がいいのか、ダメなのか。悩んだりしませんか?
本記事は、中途面接の入り口的な質問、「転職理由」について
今まで不合格にしてきた人の転職理由をまとめてみましたので
こういう転職理由はダメなんだという理解がされると思い明日。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

今日のコンテンツはこちら

他責的理由系

ではまずこちらから。
これは実はかなり多くて、正直とてもで印象悪いです。
正直に言えば、多少他責的な理由になることもあるよなぁと
サウス・コー的にも思いますが、ここは面接の場なので
比較の中で、他責的に見える人とそうでない人
どちらを選ぶかと言えば、当然後者

いくつか事例を見ていきましょう。

もっと刺激のある人と働きたい

まずこちらです。
一見、自分の成長するためにこういう考え方に至ったのかな?とも思えたりしますが、いきなりこれ言われるとむちゃくちゃ違和感があるんですよ。
というのも、この発言の真意は、
「自分がイキイキできていないのは、周りの人のせいだ」

っていう事なんですよね。
だからむちゃくちゃ他責的に聞こえます。

確かに職場によっては、成長意欲のかけらもない人たちだらけで
モチベーションがそがれることもあるでしょう。
ですが、リクルート的な考えは、その環境ですら自責的に捉えて得るもの得るべきと考えます

閉塞的な職場環境を脱したいと思った

次にこちら。
こちらも、前項とほとんど同じですね
閉塞的な職場という意味は、よく聞くと大抵
「自分の意見を聞いてもらえない」
につながっていたりします。


そうすると、これもまた他責的に聞こえるんですよね。

「自分の意見を聞いてもらえないのは、職場の雰囲気のせいだ」

と。
うーん、いやそれは多分あなたの発言の内容、仕方がいまいちなだけじゃないですか?と突っ込みたくなってしまう。

なのでこの場合もいまいちです。

今の職場の考え方に共感できない

一番最悪なやつですね。
本当にこんなこと言ってくる人いるの?って思う方もいらっしゃると思いますが、実際は結構います。
特に前職がベンチャーの営業、不動産の営業、車の営業の方に多いです。
「売り上げ至上主義で、顧客の為になっているのかわからない」
「意味ない商品を押し売りしたくない」

こういった話が大抵この理由にはくっついてきます。

そうすると、やっぱりこれも他責的に聞こえます。
「私が楽しく働けないのは、現職の商品のせいだ」と。

しかも、この手の話、社内で売れない奴に限って言ってくる発言だったりするので、この時点で
「あぁ、いまいちな営業なのね」

という判断、むしろ烙印が押されると思ってください。

この場合の最適な言い方例

顧客の課題や未来に向かっていく為の真のパートナーとなれるようなビジネスパーソンになりたい

それ本当に?系

次に来るのは、その転職理由って本当に?何を根拠に?って突っ込みたくなるやつです。
大抵は、未経験でその仕事に対する理解もあまりない中、その仕事の魅力をベースに語ってくる場合が多いです。
では実例を見ていきましょう。

人と話す事が好き、得意で営業をしたいと思った

これ、本当に多いんですよ。
特にメンテナンスとかが現職の方に多いんです。

人と話す事が好き、まあこれは全然いいんです。
ただ、その方が本当に人と話するの好きなんですか?って雰囲気の人が多いのは気になりますが。笑

何がこの理由の一番のNGポイントなのか、で言うと

営業の仕事=人と話す事

と捉えてしまっている点
ですね。

営業の事、本当にちゃんと考えてきた?って突っ込みを入れたくなる感じです。

営業って、はたから見れば人と会話をする仕事に見えるかもしれませんし
確かに人と会話しないと成り立たない仕事なので、当然その側面はありますが

正直、人とご機嫌におしゃべりをして成り立つような仕事ではない
というのは、営業をしていた方であれば納得できると思います。

とすると、このノリ、テンションで入社したら、それまぁギャップが大きすぎてだめだろうなぁ。と思い不合格にします。

この場合の最適な言い方例

顧客や社内の複数の人と、より大きな影響力を及ぼせる仕事に従事したい

個人営業でなく法人営業をしたい

続いてはこちらです。
これもめちゃくちゃ多いです。
これに合わせ技で、無形商材を扱いたいって人も多いです。
おそらく転職エージェントさんとかにこういったアドバイスされているんじゃないかな?と思うぐらい多いです。

でこれの何がだめなのか?

個人営業と、法人営業の違いって何と捉えていますか?
って話なんですよね。

もちろん、法人営業の方がビジネスマナー、複数関係者を巻き込む、等様々な点で違いはありますが、正直本質はあまり変わらないと思います。

あくまで、顧客の望む状態と現状のギャップを捉えて、打ち手を提案する事。
としたときに、個人宅に保険を売ろうが、車を売ろうが、その顧客の事を考え抜いて打ち手を提案する事は個人営業であろうが法人営業であろうが変わらないのです。

この場合の最適な言い方例

個人営業で培った営業力を、より広範囲に(社会に)影響を及ぼせるビジネスパーソンになりたい

仕事選び適当に考えていない?系

最後にこちらです。
これは専門職っぽい、業界特化に近いジャンルの方に多い傾向です。
例えばサービスエンジニア、薬剤師、保育士、などなど

つまりは、前職との方向転換の角度がものすごく大きい場合です。

面接官としては
「そもそもなぜその仕事選んだんですか?」
「その仕事もうちょっとがんばって極めて行く道はないんですか?」
と突っ込みたくなるタイプ
です。
では実例です。

今の業務や技術でこの先食べていけると思えないのでキャリアチェンジをしたいと思った

これですね。
結構多いんです。

特に、入社年次が若い人に多いので、
入社年次が若い×専門職=仕事選び適当ですか?

って導かれやすい
です。

この場合は、絶対に不合格なるほどでもないのですが
かなり違和感がつきまといます。

この場合の最適な言い方例

前職の〇〇に従事している中で、顧客との接点力があればもっと社会に(会社に)貢献できると感じたので、いったん前職の仕事は休止し営業力をつけて成長したい

営業職、リクルートへの転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチミイダスに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら
ミイダスの登録はこちら

■おすすめ記事
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!

以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

【リクルートの面接実例集】前職が営業職のケース

リクルートの面接実例集:前職が営業職の場合

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです!
今回は、面接実例集第三弾です。

第一弾:【面接実例集】1社目から短期間で転職する際の面接のポイント!

第二弾:【リクルートの面接実例集】面接で高卒が注意すべきたった一つのポイント

第三弾:【リクルートの面接実例集】アピールポイントが浅すぎる

第四弾:【リクルートの面接実例集】第一印象最悪から大逆転した人

今回は、前職が営業職の方の事例をお伝えします。
実は、前職が営業職の方は結果を見ると結構合格率は低いんじゃないかと思います。というのも、営業職に対しての見る目は厳しくなるからです。

いつもと同様、実際に面接した方とは情報を変更しているので物語としてお読みください。

今回のコンテンツはこちら

候補者プロフィール

・名前: A男さん
・性別:男性
・年齢:27歳
・学歴:東京の中堅私大
・職歴:オフィス用品の営業

結果

不合格

履歴書・職務経歴書

前職での達成率や、部署内での順位を中心に記載あり
ただ、どの達成率、順位もすごいのか全然わからず。
営業スタイル(新規、ルート)もわからず、日々どんな営業をしているのかの想像がつかない

第一印象

営業経験者だけあり、ぱっと見はそんなに悪くなかったです。
髪型、スーツも清潔感があり、不可は一切なし。
1点あげるとすれば、靴が茶靴、かつ少し汚れやかかとのヘリが気になる。

営業経験者になると、その第一印象に対するハードルも高くなります。

ただ、話し方、笑顔の作り方などは、営業接点で鍛えられているせいか総じてOKでした。

1割の面接合格者だけが対策している第一印象の重要性

アピールポイント

アピールポイントは、
商品数が多い中、その商品の内容を短期間で覚えきり、直ぐに営業現場に出れたことでした。

それに対しての質問は
どれぐらい複雑なのか?
そもそもその内容を全部覚える必要があったのか?
それはなぜか?

こういった質問にはいまいちな返答しか返ってこず、
結果として、アピールポイントはいまいちでした。

また、職務経歴書に書かれている、達成率や順位の話も深堀って聞きました。

この達成率は他の同僚と比べてどうだったのか?
この達成率、順位を得るために大変なことは何だったのか?
もっと高い順位を目指すとしたら何を改善していたか?

こういった事を聞きましたが、冒頭の商品知識の拡充としか返答が返ってこず弱かった。

前職が営業の場合の注意点

営業職に応募してきている訳でなので、面接相手は営業のプロです
故に前職が営業職の方は、営業以外の方と比べてシビアにみられると思ってください。

下記を3点セットで覚えてください。
1、実績、業績はどうだったのか(すごさがわかるように)
2、その結果はどうだしたのか?
3、それはオリジナルなのか、とびぬけていたのか?


また前職で、圧倒的な業績が出せていなければ
他の点で必ずアピールポイントを作ってください。

例えば、チームで推進するためのコミュニケーションの話、営業スタイルを変更した各論の話など。
何か一転突破できる話を必ず作りましょう。

この候補者もそれを用意したつもりだと思いますが、
商品知識の拡充というテーマで、
正直その環境にいない私にはまったくその重要性が理解できなかった。
このあたりも、エージェントなどに聞いてもらったりして、必ず内容の確認をしましょう。


前職がニッチな分野、商材を扱っている場合の注意点

またこの方は、前職が超ニッチ、正直聞いたこともないような商材を扱っている営業でした。本人は当たり前のように話すのですが
正直イメージもつかない商材なので、それも全然頭に入ってこなかった一因です。

なので、自分のサービスや商材がニッチな場合は、必ず説明をする際に、どんな商材か、営業する上で何が大変なのか、その前提情報はしっかりと伝えましょう。

本日は以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!



【リクルートの面接実例集】第一印象最悪から大逆転した人

面接実例

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです!
今回は、面接実例集第四弾です。

過去の実例集は下記からどうぞ。

第一弾:【面接実例集】1社目から短期間で転職する際の面接のポイント!

第二弾:【リクルートの面接実例集】面接で高卒が注意すべきたった一つのポイント

第三弾:【リクルートの面接実例集】アピールポイントが浅すぎる

今回は第一印象が最悪なところから、超挽回内定を獲得した候補者の事例です。

いつもと同様、実際に面接した方とは情報を変更しているので物語としてお読みください。

候補者プロフィール

・名前: A子さん
・性別:女性
・年齢:25歳
・学歴:九州の私大
・職歴:大手飲食チェーンの出店担当

結果

合格

履歴書・職務経歴書

飲食チェーンの中でも、新規事業部的な部署に所属しており
その前職の中では、道なき道を作っていくようなハードルの高い仕事だったと。
それぞれご自身が担当したプロジェクトの売り上げの達成率等を定量でしっかり明記をし、かつその中でのご自身の役割などもしっかり明記がされ
とことん仕事にのめりこんできたという感じが伝わってきました。

※履歴書・職務経歴書のおすすめ記事↓

【基本編】面接合格者が対策している履歴書・職務経歴書の書き方
【応用編】面接合格者だけがしている履歴書・職務経歴書のポイント

第一印象

正直、割とゴリゴリ系の飲食チェーンだったので
そんなに期待はしていなかったのですが、その期待をさらに上回るダメ第一印象でした。

スーツのサイズがあっていない、アイロン掛かっていない

正直、飲食系とか、普段スーツを着ない方あるあるなのですが、
どうもスーツとかビジネス服がおかしい
おかしい内容TOP3 がこちら

・サイズがあっていない。妙に大きい
・ブラックスーツ
・長らく洗濯していないハンガーにかけっぱなしのスーツ

もう正直これだけで第一印象だだ落ちです。

しかもこの候補者の場合、髪型もなかなかのいまいちさでした。
これは正直営業現場出せるのか?レベルでした。

※第一印象に関するお勧めの記事↓

1割の面接合格者だけが対策している第一印象の重要性

【第一印象が9割】メラビアンの法則の本当の解釈

アピールポイント

なので、もう駄目だなぁと思いながら期待しないで話を聞いていたのですが
話を聞いていくと、今までの仕事ぶり、ご自身の担当業務、その仕事に対する熱意や取り組み方、本当に素晴らしかった。

特に、仕事に対する納期、その納期に対して使える資源が何か、そのうえでどう最大化するかといった視点が盛り込まれており、相当に鍛えられた若手だなと感じました。

また、笑顔も実はよく、あ、あれ、もしかして第一印象と全然違うタイプだと気付くことになりました。

とはいえ第一印象の悪さは拭えない

ですので、最後に正直にフィードバックをしました。

仕事ぶりやその姿勢は素晴らしいと思ったが
僕らは営業職なので、今日来た服装、髪型、化粧、これらの要素は看過はできないと。なので、次の面接までにそのフィードバックを改善してこれますか?と聞いたらYES!という事だったので合格で通しました。

面接ではこういった懸念付きで通過させることはよくあります。

フィードバックされるのはレアケース

ですが、すべての面接官がこのようにフィードバックをするわけではありません。

なかなか、やりにくいかと思いますが、
最後の質疑応答の時に思い切って
「フィードバックをいただけますか?」
「次回の面接あるかわからないですが、もしあれば、フィードバックを改善点として生かしたいです」

とかって言ったら、もしかしたら最終的な評価がよく変わる可能性は全然あります。それに次の面接の対策を考えられるので、超有用です。

まとめ

  • やはり第一印象がいいに越したことはない
  • だが、職務内容や強味がすばらしければ可能性は全然ある
  • 普段スーツを着ない職種の人は、スーツ姿は要チェック
  • 面接官にフィードバックをもらうのも有用

もしお時間あれば、下記無料相談からご相談ください。

リクルートグループ特化型 転職アドバイザリーサービス

本日は以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

元面接官がリクルートの中途面接の質問内容を完全解説!【契約社員・営業職向け】

候補者A
候補者A

サウス・コーさん
いよいよ面接です。ぶっちゃけどんな面接なんですか?

そうだねぇ、割とパーソナリティ、人柄の確認を重視した面接だなぁ。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

具体的な質問を教えてください!

転職理由
志望動機
頑張ったこと
強み弱み
この辺りは鉄板でてくるよ

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

なるほど

特徴は
なんで?なんで?っていう深掘りが多いので
そこを見越して準備をしようか!

サウスコー
サウスコー

リクルートグループグループ向け転職支援コンサルのサウス・コーです!
今回はリクルートの中途面接、特に契約社員や営業系の中途面接ではどんな質問がされるのかそこを具体的に紹介し、対策もお伝えします。

今日のコンテンツはこちら

リクルートの中途面接で聞かれる事は?

質問で聞かれることを大別すると
大きく3点です

  • 必ず聞かれるテンプレート的な質問
  • 面接を対応する営業マネージャーや部長の好みで聞く質問
  • SPIの傾向を元に聞く質問

それぞれ深掘りしていきましょう。

必ず聞かれるテンプレート的な質問

これはどこの企業でも行われてる質問とあまり大差ない気がします。

  • 志望動機
  • 転職理由
  • 前職で頑張った事
  • 強み弱み

この辺りになります。

特に大事なのは、転職理由と前職で頑張った事

転職理由理由は1番先に聞かれる入り口の質問

最初に必ず聞かれるのが転職理由です。
話の流れ的に仕方ないですよね。

最初であるからこそ、その方の考え方や、人としての魅力が印象付けやすい1番大事な質問だと私は捉えてます。

評価が著しく上がる、ということはあまりないですが
評価が下がるということはよく起こるので、一例を出しておきます。

評価の高い転職理由

  • もっと成長したい
  • 自身の体験から、営業を極めたいと思った
  • ○の領域で大きい影響及ぼせる人になりたい、その為のステップ

この辺りは、リクルート自体、成長できる環境であるという自負が強いので
成長したいんです!といわれたら、そうかぁってなりやすいです(笑)

評価の低い転職理由

  • 裁量を求めて
  • 無形商材の営業をやりたい
  • 〇〇のサービスが好きで携わりたい(〇〇は、ホットペッパーとかSUUMO)

などなどです。
これらがなぜダメなのか?想像してみてください。

理由は大きく2点で、
裁量を求めての場合は、リクルートにいる人だと、今の環境で裁量持てるように頑張れば?頑張れない人なの?って思うのです。
当事者意識に欠けるイメージです。
※おすすめの記事:圧倒的当事者意識の本当の意味

無形商材の営業をやりたい、〇〇のサービスに携わりたい
これは、やや視野狭い感じがしたりとか、無形商材の営業をやってみたいって
無形商材の営業をやったことないのにその魅力わかるの??
みたいに思ったりします。

要はピンポイントすぎるとだめってことです。

なので、当事者意識に欠く可能性のある理由、ピンポイントすぎる理由は要注意です。

面接をするマネージャーや部長の好みで聞く質問

これは傾向があります。

大きく分けると

  • 地道な行動量も厭わずやり続けられるか
  • 自分の頭で考え意思決定する事ができるか
  • 自責的であるか
  • 逆境を乗り越えられるか?どうやって?

このような観点を元に下記のような質問がされます。

質問例

「担当していた企業が急遽倒産して、目標達成が見えなくなったとしたらどう行動しますか?」

「入社直後からいきなり目標達成が求められますが、まずは何を大事にして行動しますか」

こんな類の質問がされます。
めちゃくちゃ重要な質問なので、必ず事前に準備をしておきましょう。

答えを作っていく過程で大事にするべき考え方は
最後の最後まであきらめない姿勢
足を止めずに全速力で走り抜けられるか
それでいて考えながら走れているか


こんな考え方を大事に準備してみましょう。

SPIの傾向を元に聞く質問

SPIの記事でも紹介しましたが
※こちらの記事:【リクルート営業職への転職】SPI対策を徹底解説!

SPIは大きく分けて

  • 基礎能力を測る
  • 性格を知る

この2点を目的としておいています。
その中で、性格を知るに関して
懸念事項がある場合、それとなく聞かれます。

性格診断なので、知りたい事はリクルートの社風にマッチするかです。
故に、マッチしない可能性のある傾向が出ればそこを確かめに行きます。
マッチしない傾向としては下記のような傾向が挙げられます。

  • 思考の硬さ➡︎ガンコ
  • 独りよがり➡︎チームワークできない
  • 対面の消極性 ➡︎フットワーク重い

例えばこんな聞かれ方をします。

・思考の硬さ➡︎ガンコ:人の意見と異なったときの対応を教えてください

いつどんな質問が来るかは判断できない場合が多いのですが
シグナルとしては、
話の流れから少し話題が変わった
履歴書や職務経歴書には書いていない内容を聞かれた

です。

どう答えるべき?

あくまでマッチングの観点なので絶対に嘘や取り繕う事はダメです。ですが何事においても表現の仕方で見られ方は変わります。下記を会話事例として載せておきますので参考にしてください。

会話例

サウスコー
サウスコー

人の意見と異なったときの対応を教えてください

はい、自身学生のころから少し頑固であることを弱点としてとらえていたので、意識してコミュニケーションをしてきました。
まず、相手の主張や意見をしっかりと理解しつくすということを意識しています。つい、「でも」とか「いや」とかって言葉を使ってしまうので、それを封印するように心がけています。

候補者A
候補者A

こんな回答ができれば、正直満点です。(笑)
まず、がんこである特徴が出ているという事を客観的に把握して
自分もそれ理解しているよーというアピールがまず大事です。

まとめ

質問の傾向は大別すると3つ

  • 必ず聞かれるテンプレート的な質問
  • 面接を対応する営業マネージャーや部長の好みで聞く質問
  • SPIの傾向を元に聞く質問

各傾向のポイント

  • テンプレート質問で一番大事なのは転職理由
  • 好みで聞く質問はリクルートの営業に求められる資質を見ている
  • SPIの傾向は、自分の特徴を客観的に捉えて対応する

以上です!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

【リクルートの面接実例集】アピールポイントが浅すぎる

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです!
今回は、面接実例集第三弾です。

第一弾:【面接実例集】1社目から短期間で転職する際の面接のポイント!

第二弾:【リクルートの面接実例集】面接で高卒が注意すべきたった一つのポイント

いつもと同様、実際に面接した方とは情報を変更しているので物語としてお読みください。

今回のコンテンツはこちら

候補者プロフィール

・名前: A子さん
・性別:女性
・年齢:24歳
・学歴:関西の女子短大
・職歴: 車の特殊パーツを販売する商社の営業 (超ニッチ)

結果

不合格

履歴書・職務経歴書

正直、内容薄すぎでした。
確か、せいぜい100文字程度の内容でして、淡々と前職でやっていたことを書いていただけで、その時点でネガティブな印象を持つきっかけになっています。

第一印象

Web面接の事前準備の記事では書かなかったのですが

【ウェブ面接】明日のweb面接からできる3つの準備!

もう1点重要な注意点があります。

それは、いつ何時も気を抜くなです。

Web面接って、時間になると事前に共有されているURLにアクセスして
アプリか何かで、面接をうけるという流れなんですけど
面接官が遅れてくることがあるんですよね1分とか2分とか。

そうすると、候補者はスマホを見ながら待ちぼうけになります。
で、面接官がアクセスすると、

その待ちぼうけの顔がこちら側にしっかり見えてしまうんですよ。

その時に、にこにこしている感じだったら全く問題ないんですけど

ここで無意識、無表情ですこし険しい顔とかになっていたりすると
容赦なく、それが第一印象として入ってきてしまうので
本当にもったいないです。

ということで、この方もそうだったんですよ。
もう、すごーくかったるそうな顔をされていて。

なので、結論としては第一印象最悪でした。

それと履歴書職務経歴書の内容の薄さからも
やる気のない人なのですね。って感じでそれを確かめる為だけの面接になりました。

第一印象の重要性は何度も伝えていますが念のため下記記事もチェックしてください。

1割の面接合格者だけが対策している第一印象の重要性

アピールポイント

正直、第一印象が悪すぎて内容が全然入ってこなかった
というのが正直なところなのですが

アピールポイントもいまいちでした。

営業として従事していたという事なので
どう目標達成したとか、どんな風に営業を工夫したとか

そういった話を期待していたのですが

商品知識をがんばってつけた
お客さんと仲良くすることをがんばった

そんな話でした。
どう転がっても浅い!という感想しか生まれない。そんな感じでした。

前職がルート営業の場合の注意点

巷のすべてのルート営業を示しているわけではないですが
今までの面接官の経験として、ルート営業をされていた方のアピールポイントは浅くなりがちです。

というのも、

旧態依然とした企業で、ルート営業となると
おそらくチャレンジすることや、新たな試みをするようなチャンスやカルチャーがない可能性が高いので
リクルートの営業従事者からすると

え?それってあたりまえやん?

って話になってしまいがちです。

ルート営業に限った話ではないですが
もし、自身のアピールポイントに自信がなければ
そこはしっかりと対策をするべきです。

前職がニッチな分野、商材を扱っている場合の注意点

またこの方は、前職が超ニッチ、正直聞いたこともないような商材を扱っている営業でした。本人は当たり前のように話すのですが
正直イメージもつかない商材なので、それも全然頭に入ってこなかった一因です。

なので、自分のサービスや商材がニッチな場合は、必ず説明をする際に、どんな商材か、営業する上で何が大変なのか、その前提情報はしっかりと伝えましょう。

本日は以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

【リクルートの面接実例集】面接で高卒が注意すべきたった一つのポイント

候補者A
候補者A

サウスコーさん
実は僕は高卒なんですよね。
リクルートって大手なので、学歴もそれなりに見ますよね?

そうだよね。
心配になりますよね。
でも正直、CV(契約社員)で入社した人で
高卒はそれなりにいるから大丈夫!
だけど注意点もあるんだ。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

注意点ってなんですか?

じゃあそのあたり実例を用いて解説するね!

サウスコー
サウスコー

こんにちは!リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです!
今回は、面接実例集として、高卒の方の面接の事例を交えて説明しますね!

今日のコンテンツはこちら

高卒が注意すべきたった1つのポイント

先ほど書きましたが、高卒に限った話ではないのですが
特に重要な注意点をまとめました。

前職の入社理由を明確にしておくこと

こちらでも書きましたが

リクルートグループのマネージャーの頭の中【面接対策】

面接する営業マネジャーや部長は、いっても大卒が多いのが現状です。
そうすると、高卒に偏見を持つという程ではないですが
なぜ高卒なのか?は気になるところです。
大卒の方はなぜ大卒なの?とは思わないからです。

その理由が不明確だったり、適当だったりすると

あぁ、この方は結構適当に意思決定する方なのかもしれない?
という疑念の種が植え付けられます。
そうすると、そのあとの面接は、適当に意思決定をしている素材を集める為の面接になり、当然不合格となります。

実例で解説

では早速実例にいきます。
あくまでも実際の方とはもろもろの情報は変更しておりますので
物語と思ってご覧ください。

不合格者の例

  • 候補者A
  • 職歴:高校卒業後、アルバイトをしていた飲食店へ入社。飲食店ではホールリーダーを務めた
  • 年齢:22歳
  • 転職理由:結婚を機に、もう一段成長をして家庭をささえていきたい

このような事前情報でした。
冒頭で述べた、
なぜ、前職で飲食店に入社されたんですか?という質問に対して

アルバイトをしていた先でたまたま誘ってもらえた

という返答でした。
正直それだけの理由で不合格なのか!?とすれば、それ以外にも理由はありますが、面接官としてややネガティブに偏ったポイントはこのポイントでした。

なんでも理由はいいので、

自分で決めた、その理由が欲しいのです。

では次に合格されたパターンの方を紹介します。

合格者の例

  • 候補者B
  • 職歴:高校卒業後、フィットネスジムでアルバイト
  • 年齢:23歳
  • 転職理由:フィットネスジムで働く中でもっとビジネスパーソンとして成長したいと考えた

です。

この方の前者との違いは、前職がアルバイトであるということです。
結果としてこの方は合格されたので、前職が何であれ関係ないという事です。

前職でフィットネスジムで働こうと思った理由を教えてください
という質問に対してのご返答が

高校時代に野球部に在籍され、マネージャーとしてトレーニングを担当していた。ご自身で発案されたトレーニングプランをチームで取り組む中で目に見える成果が出た。トレーニングにもっと精通しようと考え、大学にはいかずフィットネスジムでトレーナーとして働く道を選んだ

という事でした。

ここはさらに質問をしました。

大学に行ってもっと専門的な知識をつけようとは思わなかったのですか?

返答が
はい、一度は考えましたが、調べるとフィットネスの学問の本場はアメリカであることがわかり、行くならアメリカの大学に行こうと思いました。
ですが、英語力、金銭面ともに叶わなかったので
アルバイトをしながらフィットネスの知識を現場で養いながら
仕事が終わった後に英語の勉強をする道を選びました。

といった返答が返ってきました。

これらからなんとなく、

なんか、自分のキャリアや将来に対してめちゃくちゃ真剣に考えているのかも

って思える感じ、伝わりますでしょうか。

高卒を選んだ理由なんてない!という方向けに

わかりますよ。わかります。

若かれし自分は、そんな意思決定を真剣に考えてこなかったから

理由なんて言っても、上記合格者のような理由なんてないよ。という声が聞こえて来そうです。実際に無料相談の時もよくこの言葉がでてきます。

そんな方向けの理由のパターンを用意しました。

明確な理由なく高卒であることを後悔し、前職は猛烈に働いた。だからこそもっと成長できる環境である御社で再起を図りたい。

殆どの場合これでクリアできると思っています。

もっとも、前職で頑張って働いてこなかった、語れることがない

という場合はさらに対策を練らないとだめですが、もし前職で何かしらの語れる実績があればこれで十分戦えます。

本日は以上です!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

【面接実例集】1社目から短期間で転職する際の面接のポイント!

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです

転職ミーティング!にご相談いただく方から口々に希望頂くのが、
サウスコーが面接していた時の実際に合格を出した方、不合格を出した方の面接の流れやその候補者の方がどんなことを話していたのか教えてほしい

という内容です。

ですので、今回からシリーズ化して、実際の面接の内容を思い起こして
プライバシーに触れないよう、あくまで創作の内容として
実例をお送りしたいと思います!

それでは第一回目の候補者はこの方です。

候補者プロフィール

・名前:転職M太郎1
・性別:男性
・年齢:23歳
・学歴:関関同立のどこか
・職歴:1社目に入社したメーカーに半年在籍

結果

最終的に内定を出しました

第一印象

爽やかなスポーツマン風の出で立ちでとてもいい印象でした。
よく見てみると、サウスコーが提唱する

・短髪でおでこだし
・体に合ったサイズのスーツ
・白シャツ

といった基本も忠実に守っている感じでした。

この手のポイントは下記記事にまとめていますのでチェックしてみてください

しかし、こちらは後述しますが、実は1次面接はWeb面接でして
こちらはというと
・回線が悪く、声が飛ぶ
・向こうのライティングが暗く、表情が見えづらい

というネガティブ要因もありました。

内定の決め手

もっとも大きな決め手となったのは
志望動機である成長意欲にあふれていたことでした。
さらに、1社目を短期間でやめるというネガティブ要因を払拭できたことです。

ご本人のご実家が会社経営をされていて
いつかはその会社に行くことを念頭に、20代のうちに最速で成長をしたいという事でした。

当時の現職であるメーカーの環境は、年功序列的な雰囲気が強く
ご自分の思考することが許されず、自分で考えて行動できる風になるまでに10年以上はかかりそう
という中でそこまで待てない!
といったところでした。

ネガティブ要因は

面接官としては、この手の事例は非常に苦慮する事例です。
というのは、若手で1社目を半年~1年という短期スパンでやめてしまうことに
様々な憶測が及ぶからです。
その憶測に関してはポジティブな憶測は1つもなく、圧倒的に不利な状況であると言えます。

  • 他責的に捉えてしまうのではないか?
  • 下積みや泥くさい仕事ができないのではないか?
  • スタンドプレーなタイプなのではないか?
  • なぜ1社目を選んだのか?またこちらに入ってもすぐにやめてしまうのではないか?

などなど。

さらにはWeb面接の3つのネガティブ要因のうちの2つを網羅していて
正直かなり不利な状況だったと思います

web面接の準備のポイントは下記記事を参考にしてください。

前職から短期間で転職する時の面接のポイント

上記のようなネガティブ要因を取り除くいくつかのポイントがありますので
お伝えしておくと

  1. 学生のときの頑張ったことを話す(若手限定)
  2. 学生のときは未熟で、前職の入社後のイメージがしきれなかったと語る
  3. 在籍していた期間で泥臭い事を率先した事例を語る

です。
正直これしか、ネガティブ要素を取り除く方法はないと
サウスコー的には考えています。

1、学生のときの頑張ったことを話す

これは、もし語れることがあればの前提です。
なければ、2~3の事例で攻めましょう。

特に運動部に在籍していた話
そこでの練習の泥臭さや、目標に向かって努力した話はポジティブに働く可能性が高いです。

特にリクルートの契約社員の面接をする面接官は
新卒社員の面接を日ごろやっているわけではないので
そういった、学生時代の頑張りなどは、ある意味新鮮に感じて
もしかしたらやれるやつかも!と考えてくれる余地があったりする
のです。

2、学生のときは未熟で、前職の入社後のイメージがしきれなかったと語る

これは、社会人になってみて初めてわかるって言われるネタですが
正直、日本の就職活動において、
近年でこそ、インターンが盛んになり、企業のイメージがわきやすい部分も一定程度出てきていますが

「正直、学生の段階で働くイメージをもつのは難しいだろ」

って思っています。
なので、ここを語れば、

「まあ、そうだよな。わかるよ」

と共感を生みやすい部分があるのでお勧めです。

3、在籍していた期間で泥臭い事を率先した事例を語る

最後にですが、こちらも重要で
入社して半年から1年しか在籍していないと

「どうせ、前職も適当にすごしてたんだろう」
って思われがちです。

ですので、
ちゃんと目の前のかつ泥臭い仕事も積極的にやりきったこと
さらに、自分の将来を見つめなおしたときに、転職を決意した

という内容だと、見え方は大分違ってきます。

・この候補者の場合

①と②で攻めてきたパターンでした。
学生時代運動部に所属していたそうで
その時につらい練習の事、それをやりきって乗り越えたこと

さらにそのノリで前職も営業に最前線に出て走りまくっていた

そんな話をされていました。

結果論からみれば合格なのですが
この候補者はこの候補者なりに、かなり考えて話す内容を検討していたのだと思います。

20代若手におすすめの転職エージェント&転職サイト

営業職、リクルートへの転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチミイダスに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら
ミイダスの登録はこちら

■おすすめ記事
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!

ということで実例紹介NO.1は以上です!

最後までご覧いただきありがとうございました~!