リクルートあるある

リクルートでの成長を解説!6つのスキルと4つのスタンス

候補者A
候補者A

サウス・コーさん
リクルートって成長成長っていいますけど
上司はメンバーの成長の事どう考えているんですか?

むちゃくちゃいい質問だね~。
一言で言えば、自分を変革させることなんだけど
どう変革させるのかっていう指針はある程度決まっているんだ。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

どんな指針なんですか?

以前、記事でも説明したけど
圧倒的当事者意識という、職務への姿勢みたいなことをスタンスと言って、すべての土台になっているんだ。
ちなみにスタンスも4つのスタンスで分けられている

冒頭の質問に戻るけど、上司はそのスタンスで定義されている4つのスタンスが身につくように指導したり、成長環境を作ったり与えたりしているんだ。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

そうなんですね!
でもそれはスタンスっていうものだけなんですか?

いや、スタンスのほかに、さらにスキルという定義も定まっているんだ。
スキルは全部で6つ。この6つをさらに3つに分けたものを
見立てるスキル、仕立てるスキル、動かすスキル
っていうんだよ。
これらを総称して、6つのスキルと4つのスタンスとか、ロクヨンとかって呼んでいるよ。
今回はまず、ロクヨンの全体像を伝えていくね。

サウスコー
サウスコー



リクルートに入社するとどんな感じで成長できるの?と疑問に思いませんか?

今回はリクルートの成長ガイドライン的な、仕組みを説明して、どんな成長が期待できそうなのか理解が進むような記事を書いていきます。
成長といってもやはり奥深いのが実態。
その奥深さを、だれにでも分かりやすく、捉えられるように仕立てたつもりです。

まず今回のその全体像について解説します。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施


今日のコンテンツはこちら

6つのスキルと4つのスタンスとは何か?

では早速、本題に入っていきたいと思います。

リクルートでは、ビジネスを推進するビジネスパーソンとしての
必要な要素を定義しています。

それを6つのスキルと4つのスタンスと呼ばれています。

6つのスキルと4つのスタンスの詳細

ではまず、それぞれ定義されている内容を紹介します。

6つのスキル

こちらです

  • 構造で捉え、俯瞰して見る
  • 分析的に捉え、問題を特定する
  • 筋の良い仮説を立てる
  • プロセスを作りこむ
  • ビジョンを打ち出す
  • 人を理解し、統率する

これをさらに大別すると

・見立てる
└構造で捉え、俯瞰して見る
└分析的に捉え、問題を特定する
・仕立てる
└筋の良い仮説を立てる
└プロセスを作りこむ
・動かす
└ビジョンを打ち出す
└人を理解し、統率する

となっています。

4つのスタンス

では続いて、4つのスタンスです。
詳細はこちら

  • 圧倒的な当事者意識
  • 考え抜く・やり抜く姿勢
  • 広く・深く学び続ける姿勢
  • チームとして協働を追及する姿勢

スキルとスタンスの関係

では詳細をお伝えした上で、スキルとスタンスってどういう関係なのか
を解説します。

基本的には掛け算の考え方

どちらが優先されるとか、どちらの方が大事という事もないのですが
いってしまえば掛け算に近いです。

むちゃくちゃスキル高いけど、スタンスはよくないというケースもありますし
逆にスタンスめちゃくちゃいいけど、スキル低いという事もあります。

掛け算と言っているのは
スターウォーズをご存じの方はこの例えで理解してもらえるかもしれないです

例えば、ダースベイダー。
ダースベイダーはむちゃくちゃ強いけど、ダークサイドのパワーが根底にあるので、良い方向にその力が使われない

ここでいう強さ=スキル、ダークサイド=スタンス

という感じです。

スタンスを後から鍛えるのは難しい

一方で、現場でマネージャーをやっていた身で言えば

スキルは後からでもいくらでもつくけど
よいスタンスを後からつけるのは一定難しさを伴います。

ほぼ性格に違いような部分もありますよね。

なので、むちゃくちゃいけてないスタンスが、いけてるスタンスに変容することはあまり見たことがないです。

よいスタンスが隠れていた、それが開花したというケースはあります。

だからこそリクルートは面接でスタンスを見る

スタンスはなかなか変えられないので
スタンスがもともといい人を欲しいと思っています。だからこそ、面接の場ではスタンスの良さを確認するのです。

スキルやスタンスのそれぞれの解説は別記事で行います。

最後までご覧いただきありがとうございました~!

リクルートのCV(契約社員)は激務!?元組織長が赤裸々に伝えます!

候補者A
候補者A

サウス・コーさん
リクルートのCV(契約社員)って激務なんですか!?

あ~、そんなこと聞いちゃう?
まぁそうだよねぇ、気になるよね~。。。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

もったいぶらずに教えてくださいよぉ。

そうだねぇ、だれの尺度で激務と呼ぶかによるけど
自分がマネージャーしてた時で言えば、
月の平均残業時間は20時間程度だったかなぁ。
そもそも、リクルートはフレックス制だから
残業という考え方も薄かったけどね。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

月に残業時間20時間って
どれぐらい働いているイメージですか?

所属する組織にもよるけど
自分がマネージャーしていた時は、
10時までに出社して、大体19時~20時ぐらいに帰る人が多かった。
もちろん、でこぼこはあって、
18時ぐらいに帰る日もあれば22時ぐらいまで残る日もある。
そんな感じ。

サウスコー
サウスコー


リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウス・コーです!
今回は、リクルートの契約社員の激務度について解説していきます。

今日のコンテンツはこちら

何がリクルートの契約社員の激務さを左右するのか

結構インターネットや、巷の情報では、激務激務言われるので
リクルートの契約社員=激務と考える人も多いのでしょう

もちろんあながちそれは間違っていないのですが
すべての人が常に激務であるという事もないのです。

激務さを左右する要素としては

  • 繁忙期
  • 新人期間
  • 所属する組織のカルチャー

多きくはこの3つです。
ひとつづ解説していきましょう。

繁忙期

こんなん言い始めたら、すべての仕事に言えることなので
ちょっと、解説しようか迷ったのですが、まぎれもない事実なので解説します。

リクルートキャリアでも、リクルート住まいカンパニーでも、リクルートライフスタイルでも、それぞれ所属する組織やサービスによって繁忙期があります。

リクナビで言えば、企業が採用活動を検討し始める時期
じゃらんで言えば、ホテルとの年間提案が始まる時期

などなど、あります。

そういった時期は、有無を言わさず激務です。

もちろん、終電を過ぎることもありますし、寝れない期間が続いたりします。

新人期間

続いて、こちらですが、新人期間です。
逆に言うと新人期間で忙しくないのはよっぽど成長意欲がないか
超できるかのどちらかです。

何故、新人期間に忙しくなるのか?

言わずもがな、覚えることが多いからです。
それでいて、新人期間だからといって、新人扱いしれもらえるわけでもなく
数日の研修期間を終えたら、直ぐに現場に出て営業活動をすることになります。

当然、営業目標をついてくるので、達成はマストです。

業績達成を目指しながらも、同時並行であたらしく覚えることを覚えていかないといけないです。

だからと言って、上記した繁忙期のような日々を毎日過ごすってことではないですが、相対的に遅くに帰る新人が多いです。

所属する組織のカルチャー

では最後ですが、所属する組織のカルチャーにも物凄い影響をうけます。
その組織のマネージャーが、早く帰ることに物凄いこだわりがあったりすれば
みんな、新人だろうが、繁忙期だろうが、変える流れになります。

早ければまだいいのですが、リクルートにもいまだに、遅くまで残っている奴ががんばっている的な考え方を持っている組織長もいるのが事実

実際はこの組織のカルチャーでの要因がとても大きいです。

本日は以上です!
最後までご連絡ありがとうございました!

【1日の流れ、つらさ、やりがい】ホットペッパーグルメの営業を徹底解説!

候補者A
候補者A

サウス・コーさん、実はリクルートライフスタイルの契約社員の選考を受けているんですが、ホットペッパーグルメの営業で選考が進むことになりました。ホットペッパーの営業ってどんな感じなんですか?

そうだねぇ。簡単に言えば、街の飲食店のプロフェッショナルになる、そんな感じかな。なので、足しげく街に出てる事が基本の営業行動だよね。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

なるほど。なんかきつそうなイメージがありますがどうなんでしょう。

まあ営業がきついのはホットペッパーに限った話ではないけどね。ホットペッパーの営業にはホットペッパーの営業なりのきつさがあるよね。そのあたり解説するね!

サウスコー
サウスコー


本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施


今回は、ホットペッパーグルメの営業職について、

日々の営業行動のイメージ
上司はどんな人たちなのか?
ぶっちゃけきつい!?


このあたり解説していきますね。

今日のコンテンツはこちら

ホットペッパーグルメの営業とは?

まずは基礎編ということで、

ホットペッパーグルメの営業ってどんな仕事なのか?

を解説していきます。

ホットペッパーグルメのサービスの概要

Web版と月刊のフリーマガジンに
飲食店の情報やクーポンを掲載している情報メディアです。

最近では、ウェブ予約のコマーシャルなんかも頻繁に流れていますよね。

日本全国、主要都市のバージョンが存在しており
そのバージョン毎に営業拠点も設置されています。
リクルートでは、このことを版元(はんもと)と呼んでいます。

飲食店側は、
広告掲載費として、月に5万~数十万の出稿を行っていて
ホットペッパーの広告は業界の中では高いと言われています。

競合にはぐるなび、食べログなどが存在しており、日々しのぎを削った競争が展開されているマーケットです。

近年では業務支援の領域にも進出しており、
飲食店の集客支援だけを担っていたホットペッパーグルメの営業は、
さらに業務支援領域のサポートも行っており、業務の幅が広がっています。

ホットペッパーグルメの営業に求められること

担当している街の飲食店のプロフェッショナルになること
担当している飲食店のオーナーとよい関係性を持続する事
飲食店経営のノウハウのプロフェッショナルになること

その為には、まず圧倒的な行動量が求められます。
頭でっかちタイプではなく、ひとまずやります!タイプが好まれます。

上述したように、お客さんを集める、販促支援だけでなく
バイトのシフト管理、ホールのサービス対応、CS、人件費
こういった単語が関連してくる、
業務支援の領域にまでサービスの裾野を広げておりプロとしてのスキルが求められます。

担当の飲食店のオーナーと仲良くなって広告を出稿してもらうだけの仕事ではなく、本格的な飲食店へのコンサルティング力が必要とされる仕事に近年変容してきているのです。

更には、
街の隅々までどんな飲食店があるのか把握をしながら、
足で稼ぐ営業という側面を持ち合わせている。

また強面の飲食店オーナーからの信頼獲得も必須で、懐に入り込むコミュニケーションスキルも必要です。

ホットペッパーグルメの営業の1日

では、そういった事が求められるホットペッパーグルメの新人営業マンは1日をどう過ごしているのか紹介します。

  • 09:30~:出社と共にグループ全体で朝会を実施。月末の締め切り間際になると、未達成見込みのメンバーの胃がきりきりしだすのはこのタイミング
  • 10:00~: 担当飲食店への次回アポイントの連絡、次月のクーポン内容の確認、お申込書の回収などを電話で対応。
  • 12:00~:同僚とランチ。ランチ終了後、午後の訪問、飛び込み用の資料の印刷を開始
  • 14:00~:ランチタイム終了をめがけて、飛び込み訪問を開始。1日あたりの飛び込みノルマが課されているケースが多い。正直、快く対応してくれる飲食店は殆どない中で心折れることもあるが、ここでがしがし行動量を担保しながらやり切ることが大切
  • 16:00~:担当飲食店への商談の訪問×2
  • 20:00~:帰社後、その他残タスクを処理
  • 21:00:退社

もちろん所属する組織によって違いがあったりはしますが
概ねこんな感じです。

ホットペッパーグルメの営業はきついのか!?

まあ、上記しました1日の流れを新人期間の1年間はほぼずっとやっているイメージです。

どうでしょうか。

特に1年目は、業務の処理も遅かったりするので、退社も21時頃になっているメンバーも多いと聞きます。

また、競合のメディアも多い領域で、簡単に新規の受注が上がるわけではないです。

かつ業務支援の領域まで提案を広げているので、そういった商品知識のキャッチアップも必須です。

特にホットペッパーグルメの営業の辛さは、
飲食店のオーナーって結構、強面な方が多い事です。

月に広告費として、数十万も払っている飲食店からしたら、
ホットペッパーグルメの営業に対してそれなりのプレッシャーをかけたくなる気持ちもわかると思います。
そういったプレッシャーを日々味わっているホットペッパーグルメの営業は結構きついなぁと感じます。

さらに、日々の営業行動などは、ほぼ統一化されていて、軍隊式のオペレーションがひかれています。

上司になる、リーダー、グループマネジャーも叩き上げ上等で、
つらい営業環境の中でも実績を出し続けてきたような鬼のような上司が多く、
それらが掛け合わされると結構きつんだろうなぁと想像に易いです。

参考記事:リクルートの営業職がきついと言われる たった一つの本当の理由

ホットペッパーグルメの営業のやりがい

一方で、当然やりがいも沢山ありますよ!

担当する飲食店の売り上げや経営がうまくいくことに
結構ダイレクトに影響を及ぼすことができる
担当する飲食店からの信頼も見えやすいですし、喜びも感じやすいです。

「この飲食店の好業績は自分の力も少しはあるはず」

って素直に思える仕事です。

さらに、そういった事が積み重なっていくと、街の飲食店の担当からは卒業し、大手の法人の担当を任されたりすることもあります。

「女子会」はホットペッパーグルメの営業担当からの発案

現在のホットペッパーグルメのトップを担当されている徳重さんという方も
某大手飲食チェーン起業から懐刀として絶大なる信頼を得ていたというのは社内でも有名な話です。

そういった信頼を勝ち取ることができれば、その大手飲食チェーンの売り上げを左右するような1手を提案することも可能ですし、もしそれがうまくいけば、飲食店業界全体を変化させるような仕事を産むことになります。

その一例として「女子会」という施策打ち手をホットペッパーグルメの営業が法人に提案をしたところから、現在の女子会が産まれていたりします。

リクルートに転職するならこのエージェントを使おう

■転職後に聞いた、対応満足度が圧倒的に高いマイナビが最もおすすめ!

マイナビの無料会員登録はこちら

 

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント

Type転職エージェントの無料登録はこちら

 

■いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分にあったエージェントを探す

ビズリーチの無料会員登録はこちら

 

本日は以上です!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

リクルートの営業職がきついと言われる たった一つの本当の理由

候補者A
候補者A

サウスコーさん。
リクルートの営業職はきついってよく聞きます。
本当にきついんですか?きついってどんな感じなんですか?

そうだよね。
やっぱりリクルートの営業職は巷でもきついって言われているよね。
それに面接官をしていた時も、よく最後の質問で聞かれたな。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

むちゃくちゃ飛び込みされられるとか。
上司から激詰めされるとか。
いろいろ聞くんですよね。

そのあたりもなくはないんだけど
リクルートの営業職が本当にきつい理由の本質的な理由はほかにあるんだよ!
今日は底を解説するね!

サウスコー
サウスコー

リクルートの営業職ってきついの?
きついってどんなきつさなの?その理由は?
こんお悩みないですか?

今回は、そこら辺を深掘り解説していきたいと思います。
リクルートの営業ってだからきついんだ!という理解ができるようになります。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

今日のコンテンツはこちら。

リクルートの営業職がきついといわれる、たった一つの本当の理由

この解説をする際に、ネットでも

「リクルート 営業 きつい」

とかのキーワードで色々調べていたのですが、お世辞にも深層をついている記事がなく、今回解説しようと思ったのですが

よく勘違いされるケース

これは、ノルマがきついという内容です。
もちろんこれは、一つの側面を切り取ればそうかもしれないのですが
そもそも、
ノルマがあることぐらい入社前からわかって入社している訳ですから、
ノルマがある=きつい

という議論には無理があると思っています。

自分を変化させ続けることが本当にきつい

ですが、目標(ノルマ)があるので
それは必達を要望されるわけです。

で、その必達を一定期間し続けるために、唯一必要な事は

自分を変化させ続けなくてはいけないことです。

これは言い換えると自己成長と言われる事もあります。

自己成長というと、わくわく前進するイメージでポジティブな気持ちを持たれる方もいると思いますが
それは殆どの場合、いまの自分を否定する(否定される)ところからのスタートです。

新人時代はまだいいんですよ。何もできていないところから価値観植え付けていけばいいのですから。
ですが、ある一定成功体験を積んできているような、中途社員だったりすると
その成功体験が通用しないなんてことは普通に起こりますし
なんなら、自身の考え方、生き方まで否定しなくてはならない場面にも遭遇することでしょう。

私の実体験としても、それはそれは辛く、厳しいことです。

なぜそんなに変化を求められるのか?

こういった自己変革を求められること、その環境の事を
リクルート社内では

自責マネジメント

なんて呼んでいました。

どういった意味なのかをお伝えすると
身の回りで起きたこと、いやそれ以上の何かでも

すべてを自分の責任としてとらえなさい

という意味です。

この自責を求める習慣やカルチャーは隅から隅まで徹底されています。

こちらの記事でも参考になると思います。

圧倒的当事者意識の本当の意味

なぜそこまで徹底されているのか?

それはリクルートの成長の源泉だからです。
2000年代初頭、ネットの発展のスピードが速まってきたころ

リクルートはその波に乗り遅れます。

営業会社とよばれ、リクルートは営業力、顧客との接点で成長してきている
歴史がありました。

結果としてそういった過去を引きずりながら、ネット化に遅れが生じたのです。

そこから大なたふるって、一気に改革を進め、今では完全にネット企業の一角を担っている状態に変貌しています。

話はそれますが
その大きな影響を及ぼし、リードをした人が
現在Indeedの社長を担っている、 出木場 久征さんという方です。

この変化がなかったら、リクルートは間違いなく生き残れず、淘汰されていたことでしょう。

リクルートを悪く言う人たちは

私の同期にも、このストレスに耐えきれずやめていった人たちが沢山いました。
この自責マネジメントに耐えきれず、自己否定しきれず、自己変革できずに辞めていってしまった方もいました。

その人たちは、やはり今でもリクルートの事をよく言わないですし、恨み節で語ったりしています。

その他の営業職のきつさ

いまお伝えした、自己変革の部分がきつさの源泉ですが
日々営業マンは何につらさを感じるのか、もう少し具体的なところも欲しいと思いますので解説しておきます。

顧客からの期待・クレーム

リクルートの媒体やサービスは、実はどのサービスも競合が存在しています。

  • 今世の中を轟かす、リクナビもマイナビがあり
  • ホットペッパーとぐるなび
  • じゃらんと楽天トラベル
  • SUUMOとHOLMES
  • カーセンサーとGoo net

などなど。

実はリクルートの媒体の掲載料、広告費、手数料などは
競合と比較したときに高いケースが多いです。

金額が高いという事は、顧客から求められる期待が高くなります。

その顧客の期待を毎回超え続ける事は、本当に厳しいですし
もし大きく期待外れな結果をだせば、クレームも起こります。

こういったことに営業は、常日頃対峙しており
メンタルをすり減らす大きな要因になっていることも事実あります。

だからこそマーケットを変えられる

リクルートグループのすべての営業の中でトップを毎年選出しています。
その選出基準はノルマの達成率だけでなく

どれだけマーケットに対して革新的な動きができたのか?

を基準に選考されます。

このことを、トップガンと呼びます。

トップガンの案件を毎年見ていた、サウスコーとしては
この表彰の裏側には上記したような、顧客からの期待など多くのストレスを抱えていたんだろうなと思いますが

一方で、その一手一手は、
本当にマーケットを根本から覆しえる内容だったりするので、
やりがいや達成感もひとしお、です。

こういった、世の中を変えるような仕事をした人たちが
自分の変革成長にとことん見つめて乗り越えてきた人たちが
その素晴らしさを実感してきた人たちが
営業マネジャーや部長になっています。

ですので、きつい場面はあると思いますが
そういった上司の元、自分の成長に本気になれる環境を私はお勧めしています。

リクルートへの転職でおすすめの転職エージェント&サイト

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら


■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら

■市場価値算定からしっかりと転職活動をしたい!という方におすすめのミイダス
ミイダスの登録はこちら


■その他おすすめ記事
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

本日は以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

リクルート流メンバーモチベーションの上げ方!ビジョンミーティングの運営方法

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです

今回は、前回解説した、リクルートグループの営業マネジャーがメンバーのモチベーションをあげる一つの手段として実施するビジョンミーティングについて解説しました。

前回の記事:リクルート流メンバーモチベーションの上げ方!ビジョンミーティングの運営方法

今回は、その具体的な運営方法について解説します。

コンテンツはこちら

全体の流れ

まず、全体の流れから説明します。

  1. 他己紹介
  2. 組織の強み、弱みを知る
  3. 組織のありたい姿を考える
  4. 組織のありたい姿を表すスローガンを考える

大きくはこの4つのパートから成り立っています。

特に、すでに長くお互いを理解しあっている組織でも改めて他己紹介を経てメンバーの事を探って行くと、新たな発見がありとても面白いです。

さらに最終的には、スローガンに落とし込んでみんなが立ち返れる言葉に落とす点も特徴的です。

それでは一つ一つ具体的に見ていきましょう。

他己紹介

題目は他己紹介となっていますが、この場の目的は

組織の仲間を改めて知るという事です。

他己紹介の流れと進め方はこちら

2人一組のペアを作る
そのペアで20分ずつ、合計40分時間を取りお互いでインタビューをしあう

インタビューする項目

  • 小学校の忘れられない思い出
  • 中学校の忘れられない思い出
  • 高校・大学の忘れられない思い出
  • なぜ、この会社で働いているのか
  • 大事にしている価値観は何か
  • 実現したい夢は何か
  • 困難を乗り越え、最もいきいきとした瞬間

つまりは生い立ちから、今後実現したい夢、個人としてのハイポイント(最も熱狂するポイント)は何かを探るインタビューとなります。
ずっと同じメンバー同じ組織でやっていても
ペアが変わってインタビュアーが変わると、まるで違う個性が出てきたりするので、これは必ずいれます。

他己紹介

そして最後にみんなに、自分がインタビューをした相手の紹介を3分程度で簡潔に紹介する形になります。

組織の強み、弱みを知る

次に来るのは、組織の現状を知るというコーナーです。

進め方は、シンプルです。

進め方

  • 自己ワーク
  • グループワーク
  • 共有

という流れです。

自己ワークは、自分で思いつく限り強みと弱みを付箋に書いていきます。
時間としては10分~15分程度です。

グループワークは3名から4名ほどで1チームを作り、そのチームで自己ワークで書いた、現状の組織の強みと弱みを自分の考え方を共有しながら出していきます。

もし組織の配下に複数チームがあったりする場合は、なるべく他のチームメンバーと組めるようにしましょう。

グループワークの最後のは、強みと弱みを大まかにグルーピングして共有できる形にしておきます。もしそういった議論ができなそうなチーム構成の場合、ファシリテーターを置く場合もあります。

組織のありたい姿を考える

このパートは、現状がすりあった後の、各個人ごとが考える組織のありたい姿は何か?を決めていくパートです。

こちらも進め方は同じく

個人ワーク
グループワーク
共有
という流れになります。

で、最後に組織長がみんなの意見をくみ上げた上で
ありたい姿を決めます。

組織のありたい姿を表すスローガンを考える

こちらもありたい姿を決めるワークと進め方は同じです。

もし、こういったミーティングを実施したいという
ご相談があれば、下記からお問い合わせください。

本日は以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

リクルート流メンバーモチベーションの上げ方!ビジョンミーティングとは何か

上司
上司

サウスコーさん
リクルートではメンバーの方が非常に生き生き働いているように見えますが、何か秘訣があるんですか?

そうですね。そもそも成長意欲が高い方が入社している
という事もありますが
組織マネジメントとして様々な手法が体系化されていて
そのうちの一つとしてビジョンミーティングというものがあります!
今日はそちらを紹介しますね!

サウスコー
サウスコー

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです。

日々営業組織を束ねていらっしゃる課長、マネジャーの皆さんの悩みは尽きないと思います。
その中でも組織に一体感を出したり、メンバーのモチベーションを上げたり
そういったことに悩まれる方が多いですよね。

今回はリクルートの営業組織に一体感を出す為の手法として
またメンバーのモチベーションアップ成長支援の手法として
グループマネジャーが重宝しているビジョンミーティングという手法があるので紹介します。

今日のコンテンツはこちら

ビジョンミーティングとは何か?

名前の通りですが、チームや、部などの組織ごとのビジョンをメンバーみんなで
決める為のミーティングです。

ビジョンとは何か?

ビジョンは2つの種類がある

ビジョンと言っても、実はタイプとしては2つあるといわれています。
ビジョンシェアとシェアードビジョン

前者はトップダウンで、幹部が描いたビジョンをメンバーに伝える形
後者はボトムアップでみんなでビジョンを作っていく形です。

ビジョンという言葉はとても深く、とうていサウスコーも偉そうに語れるものではないのですが
基本的な考え方でいえば

今現状している職務やミッションを到達した後、我々やその組織はどんな姿になっているのか?
もしくは、どんな世の中に変容しているのか?

そういった、達成後のイメージを具現化、具体化したものがビジョンだと考えています。

転職ミーティング!のビジョン

転職ミーティング!は、特にキャリアが浅い方や、学歴があまりない方
けれでも、成長意欲にあふれる方に
成長環境を確実に得てもらうことを目的として運営しています。

ですので我々転職ミーティング!のビジョンは
「成長意欲を思う存分表現できる世の中!」
と置いています。

何故ビジョンは必要なのか?

大聖堂のレンガ職人の話を皆さんは聞いたことがありますか?

3人のレンガ職人がいます。

そこに通りかかったある人が、一人一人に
「何の仕事をしているのですか?」

と聞きました。

1人目は
「レンガを積み上げているんですよ」
と答えました。

2人目は
「屈強な壊れない壁を作っているんですよ」
と答えました。

3人目は
「世界で一番美しい大聖堂を作っているんですよ」
と答えました。

こう書くと、だれが一番生き生きと働いているか
何となく感じ取れたかと思います。

ビジョンの存在意義は仕事のやりがいを創出する事

組織があれば、様々な人がいます。
ビジョンがなくても勝手に、崇高なビジョンを描きながら
日々の職務に意味づけをし、生き生きと働き続けることができる方もいますが

一方で、日々の仕事に意味づけをせずに、淡々と作業をしている
そんな視界で仕事をしている方もいます。

組織としては、より質のいい影響を世の中に及ぼしたいと考えているので
当然、全員が日々いきいきと働けることが素晴らしいと考えています。

ですので、
だれにでもわかりやすく
日々の仕事とリンクしている、仕事の存在意義があれば
より多くの、どんな方でもいきいきと働ける可能性が高まるのです。

特にリクルートのような、マーケットに変化を与えることや
個々人が成長を志向している会社であると
このようなビジョンを設けることがとても大切になります。

ビジョンミーティングをすることで変わる組織

ビジョンミーティングの運営方法に関しては別記事に譲りますが
リクルートにおいてはビジョンミーティングは
チームレベルや、グループレベル、はたまた会社レベルでも行われます。

このビジョンミーティングを通して
停滞していた組織が活性化されること
メンバーがいきいきと働くようになるということは頻繁に起こります

だからこそ、リクルートのマネジメントの上で
重要なマネジメントツールとおいているのです。

どれぐらいの頻度や時間がかかるのか?

頻度は組織にもよりますが、半期に1度か、1年に1度ぐらいが
一番多い層だと思います。

一方で、毎月やるような組織もたまにあります。

この開催頻度によりますが
1度にかかる時間はおおむね6時間程度。
組織のコンディションや状況に応じて、加減はありますね。

ということで今回は、リクルートのマネジメントツールとしての
ビジョンミーティングに関して解説しました!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

リクルートの飲み会事情を徹底解説!!

候補者A
候補者A

リクルートっていけいけで飲み会とかめちゃくちゃ多そうな印象で少し不安なんですけど。

わかるよ。
どんちゃん騒ぎしている営業マンのイメージだよね。

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

いやー僕あんまり飲み会とか好きじゃないんですよね。

正直、全然大丈夫だよ。
そのあたりの雰囲気とか解説するね!

サウスコー
サウスコー

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです!

今回はリクルートの営業職の社風や文化、飲み会あるのか?
とかそういった見えにくい部分を解説したいと思います。

今日のコンテンツはこちら

リクルートは飲み会が多いのか!?

まず気になるところだと思いますが
まあ、正直多いほうだと思います。笑

実際に、同僚との飲み会が多い企業ランキングのトップ10には
リクルートグループの会社が3、4社ランクインしていたと記憶しています。

私が組織長をやっていた時代は
組織として主催する飲み会は月に1度ぐらいがベースでした。
月末にやる達成会という、1か月お疲れ様!的な飲み会です。

当時のメンバーに聞いてみると
個別で仲いいメンバー同士で飲みに行ったりするのは

  • 多いメンバーで週に3回程度
  • 少ないとメンバーでは週に1回程度

そんな感じです。

ちなみに、私がリクルートで営業マンとして働いていた時は
平日5日のうち、3日~5日は飲み会でした。

それも当時は、コンプライアンスの強化や働き方改革なんて一切ない時代だったので12時スタートの飲み会もざらにありましたねぇ。

何やってんだって感じなですけど、当時としてはそれがチームの絆を育むために必要だとも思っていましたし
1日1日を刹那的に過ごしていましね。。。

リクルートの飲み会の種類

飲み会とはいえ、色々な形の飲み会がありますので
念のために整理をしておきます。

オフィシャルな飲み会
お客さんや関係会社との接待
プライベートな飲み会

の3種類です。

オフィシャルな飲み会

オフィシャルのアンオフィシャルもあるのかよ!?w
って感じですが、あります。

オフィシャルな飲み会の典型事例としては

年に1度、キックオフという社の全員が一か所にあつまり
昨年の業績の共有や優秀者の表彰などをする場があり
その後の夜の部で行われます。

特にリクルートライフスタイル等の大所帯のキックオフは
東京ビックサイトなど大きな場所を借り切って
まるで、フェスかのような大盛り上がりで開催されます。

毎年有名な芸能人なども読んで、めちゃくちゃに盛り上げます。

その他にも部で行われる忘年会などもその類です。

そういった場合必ずついて回るのが宴会芸です。

しかも、一部のマネジャーや部長陣の中でも
その宴会芸のクオリティで仕事の出来不出来をはかるぐらいに
思っている人もいたので、それぐらい気合が入っている部署もあります。

まああんまりそういうノリが好きじゃない方にはだるくて仕方ないと思いますが

そんなに頻度的にあるものでもないので、割り切りましょう。笑

お客さんや関係会社との接待

これは所属部署によって結構分かれます。

中には一度も接待経験したことないという部署もあれば
日常茶飯事という部署もあります。

接待でいえば飲み会だけでなく、ゴルフの接待という場合もあります。

この辺は気になる方は、必ず選考過程で確認をお勧めします。

プライベートな飲み会

これも部署の雰囲気やカルチャーによりますが

多い部署は多いです。
同僚との飲み会が好きな会社ランキングに入るぐらいです。

ですが、正直飲みまくっている営業が売れるか?でいうと

まったくそんなことないです。

飲み会に参加できるという一つの武器を持っている程度に過ぎないです。

飲み会に参加できないとだめなのか?

といった飲み会の種類やどんな飲み会があるのか把握したうえで過去からの流れも含めて解説していきます。

かつてのリクルートはそういった飲みニケーションを積極的にやって
仕事も遊びも100%やる人が活躍していたような風潮もありましたが

今では飲み会に参加しようかしまいが正直関係ないです。
もちろんチームメンバーと親交を深めるといったことで

無理に避けることもないかとは思いますが。

特に管理職の立場でいえば、コンプライアンスの研修などでも
飲み会でしか親交を深めることができないのはスキル不足だ!
と言われています。

リクルートの上場を契機に変わる飲み会の形

2014年にリクルートホールディングスが上場したことをきっかけに
社内の不正や、パワハラ、セクハラに対してより一層注視される流れになりました。

当然の事ですよね。

かつてはマネジャーは、メンバーフォロー費という
メンバーとの飲み会で使える予算があったので

正直マネジャーはバンバン飲みに行っていましたし、領収書切りまくっていたましたが

コンプライアンス観点の注視が強くなったり、働き方改革などの流れを受け
そいうったお金の使い方は難しくなりつつあります。

特に女性メンバーが多い組織で、男性のマネジャーだったりすると
一層難しくなっている印象です。

まとめると

これからリクルート受けよう!
という方で、そういった社交的なノリが苦手な方でも
特に心配はする必要はないです。

あくまで組織に対して、業績面、その他ポジティブな貢献をし続けることが大事です!

本日は以上です!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

【後編】リクルートCV(契約社員)として働く意味、メリット、向き不向きを徹底解説!

前編はこちら

【前編】リクルートCV(契約社員)として働く意味、メリット、向き不向きを徹底解説!

前編のまとめ

  • 1 リクルートのCV(契約社員)として働く意味
    • 1.1 CVの意味は?
    • 1.2 雇用期間は?その期間の理由は?
    • 1.3 なぜ3年半で設定されているのか
    • 1.4 1つの部署でめちゃくちゃ活躍できるまでの期間
    • 1.5 CV(契約社員)として働く意味
  • 2 リクルートのCV社員(契約社員)として活躍するとどうなるのか?
    • 2.1 リクルートのCV、契約社員として働いたことだけでプラスに働くことはない
    • 2.2 リクルートと言えば、営業力の会社としての認知が強い
    • 2.3 契約社員の後の転職先企業はどういった企業なのか?

【前編】リクルートCV(契約社員)として働く意味、メリット、向き不向きを徹底解説!

では後編いきます!

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

リクルートのCV(契約社員)として働くメリット

では前編でお伝えしましたが、CV(契約社員)とは成長を求めて働く職場であるという事が基本的な考え方です。
そのうえで、リクルートのCV(契約社員)として働くするメリットの紹介です。下記3点になります。

  • 成長が実現できる環境
  • 次のステップへの支援の環境
  • キャリア学歴不問のポテンシャル採用である事

成長が実現できる環境

これは、巷でも語りつくされていますが
なぜ成長が実現できるのか?その要因は大きく分けて3点だと思っています。

  • 成長したい人が集まっている
  • 成長を支援する人事制度
  • 永年雇用ではない社風

です。

成長したい人が集まっている

こちらはあまり解説する必要はないかと思いますが
そもそも契約社員で働くことを選択している時点で
タイムリミットがありながら最大限の成長をする事を目的において就労を決めている人が働いているのです
なので、無駄な時間を過ごさずに最短で最短の成長や結果をだすことをゴールに置きながら
管理職やリーダーもそれをメンバーに要望しています。
こういった環境で3年半の有期とはいえ駆け抜けることで
大きな成長を得ることができるのです。

成長を支援する人事制度

次にこちらですが
こちらの記事でも紹介しましたが

リクルートの人事評価はこれだ!【面接対策のネタ】

リクルートの人事異動や働くレベルを決める人材開発委員会という会議があります。
これは、会社都合は一切抜いて、それぞれのメンバーにおいて
どういったミッションや職務を任せるのが成長を最大限加速させられるかを
喧々諤々と議論します。

簡単に言えば、本人だけでなく、その上司や会社全体として
メンバー一人一人の成長を本気で考えているという事です。

また、研修も素晴らしい研修があり
特にキャリアを考える研修があり、サウスコー的には素晴らしいと思っています。

その研修の集大成の3年後に行われる研修はなんと、志望企業を想定した
模擬面接を他の組織の営業マネジャーが面接官として行われます。

こういった一人一人のキャリアや成長を考えている
一つの現れと考えています。

永年雇用ではない社風

最後にこちらですが
リクルートにおいて今までで定年退職をした人はわずか1人という
伝説めいた話を聞いていました。

実際のところどうかわからないですが
少なくとも若い人ばっかりという印象です。

ではこれがなぜ成長を支援する環境をつくるのか?

有期であるのは契約社員だけではないということです。

正社員であっても、企業風土の圧力として
どっかで必ず次のキャリアステップを歩まないといけないと考えています。

正社員であれ、営業マネジャーであれ
常に自身の成長を模索しながら日々過ごしています。

契約社員の成長を支援するだけでなく
支援する側の管理職や正社員も含めて、成長に燃えているわけです。

次のステップへの支援の環境

これは、キャリアを考える研修もあるという話をしましたが
それ以外にも、日常から、次のステップを意識した会話やコミュニケーションがなされます。

営業マネジャーやリーダーと日ごろから
「次のステップはどうしたいの?」
「 次のステップは〇〇を目指しているじゃん、とすればこのスキルが足りない」

等、次に歩むステップや一人一人が描くキャリアビジョンを意識して
コミュニケーションがされ、最終的には任せられる仕事にも影響していきます。

例えば、リクルートで3年半がんばったあとは起業したいというメンバーがいた場合

起業する、社長として3年半後やっているけるために
つけるべき姿勢(スタンス)やスキルは何か?を逆算してコミュニケーションしていきます。

社長としてであれば
・自分で考え切り決断する力
・メンバーマネジメントのスキル
・他者を巻き込んでプロジェクトを成功させるスキル

などなど。

そういったコミュニケーションがなされた瞬間にメンバーはただの営業活動ではなく自身の次のキャリアステップの為に一歩づつ進んでいっている感覚を持てることで圧倒的に成長が促進されます。

キャリア学歴不問のポテンシャル採用である事

最後にこちらですが
大手の上場企業でここまでポテンシャル採用を実現できている
企業は少ないのではないかと思います。

色々なバックグラウンドに方に門戸が開かれているのです。

もともと学歴やキャリアがあればいいのですが
それらがない方で、一旗あげる!年収1000万目指したい!
そういったキャリアビジョンを叶える有用な選択肢になりえるのです。

どんな人が向いているのか?

逆にどんな人が向いていないのか
を説明しますが

  • リクルートというネームバリューに惹かれた
  • リクルートで正社員になりたい
  • 成長といわれてもピンとこない

こういった部分に該当する方はあまり向いていないとサウスコーは考えます。

なぜ向いていないのか?

正直リクルートの契約社員としての3年半はお世辞にも楽とはいえません。
むしろ結構きついです。
また同僚たちはめちゃくちゃ成長に燃えている。

そんな状態のときに、リクルートのネームバリューだけで頑張り切れるのか?

でいうと、今までの経験からも結構厳しいと思うのです。

逆にどんなキャリアビジョンであれ
圧倒的な成長をしたい!と思っているのであれば
活躍できる可能性はありますし、当然ながら、リクルートの契約社員として働く意味や目的も実現できるのです。

リクルートの契約社員への転職でおすすめの転職エージェント&サイト

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら


■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら

■市場価値算定からしっかりと転職活動をしたい!という方におすすめのミイダス
ミイダスの登録はこちら


■その他おすすめ記事
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

最後までご覧いただきありがとうございました~!

【前編】リクルートCV(契約社員)として働く意味、メリット、向き不向きを徹底解説!

候補者A
候補者A

CVって、契約社員って正社員じゃないし
どうなんだろう

その不安わかるわかる!
次のキャリアはどうなるのかとか
社会的にどうなのかとかね

サウスコー
サウスコー
候補者A
候補者A

そうなんですよ・・・
特に3年半たった後のキャリアのイメージがつきにくいんですよね

オッケー!
じゃあその後のキャリアイメージとか
どんな人に向いているかとか
解説しましょう!

サウスコー
サウスコー

リクルートのCV(契約社員)として働く意味やメリットは何かな
どんな人に向いているのかな

とお悩みではないでしょうか?

本日はリクルートの契約社員として働くメリットや、自分は向いているのかわかる内容になっています。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施


今日のコンテンツはこちら

今回は長くなったので前編と後編にわけてお伝えします!

リクルートのCV(契約社員)として働く意味

まず大前提のところから解説していきたいと思います。
リクルートの契約社員、CV社員ですが
名の通り、有期雇用となります。

CVの意味は?

CVですがCareer View(キャリアビュー)の略となります。
キャリア的な展望といった意味ですね。

雇用期間は?その期間の理由は?

3年半の期間が設定されています。

なぜ3年半で設定されているのか

そもそもリクルートの契約社員制度は歴史が長く
この雇用期間も当初から変わっていないと思います。

なので、なぜこの期間なのかという当初の理由は定かではないです。

1つの部署でめちゃくちゃ活躍できるまでの期間

サウスコーの見解としては
1つの部署で、活躍できるまでの目安の期間として3年はかかるだろうという
見立ての上で3年半としたのではないかと考えています。

現に、正社員の人事異動のローテーションも大体3年を目安に設定されています

CV(契約社員)として働く意味

という事で、大前提は活躍をする
もっと言えば、将来リクルートでの管理職が任せられるような人材の発掘
さらには、次のキャリアステップにおいてしっかりと語れる実績を作って
送り出すことを期待しています。

就労する側の立場で言えば有期雇用の3年半の中で
何かしら大きな功績を残す、そのプロセスとして様々なスキルや仕事に向かう姿勢を体得しきる事を念頭に置きながら、仕事に立ち向かう事がベースの考え方になります。

リクルートのCV社員(契約社員)として活躍するとどうなるのか?

当然活躍すれば、リクルートへの正社員への道が開くのは言うまでもないです。

みなさんが知りたいのは、世の中的な評価はどうなのか?
という事ですよね。

リクルートのCV、契約社員として働いたことだけでプラスに働くことはない

当然の事ですが、リクルートのCV(契約社員)として就労していた事実だけで
転職市場でプラスに働くことはほぼないです

リクルートで営業マネジャーをしていた際にも
途中でやる気がなくなってしまったり、がんばれなくなって
光った業績が出なかったメンバーの次のキャリアは本人が100%希望するような
キャリアを歩めませんでした。

つまりは、有期雇用の中で活躍したという事実が加味されて初めて評価がされます

リクルートと言えば、営業力の会社としての認知が強い

今でこそ、テクノロジーやネットビジネスへの投資が盛んにおこなわれおり
営業会社からの脱却を図ろうとしていますが

リクルートの歴史の中でいえば、リクルートの営業マンはすごい
という評価はマーケットの中で醸成されています。

とすると、採用する側の企業としては

そういったすごい営業がたくさんいる中で活躍をした。
しかも有期雇用の契約社員の立場で。

というのが効いてきます。

契約社員の後の転職先企業はどういった企業なのか?

ではそういった3年半やりきって
活躍した人材はどういった企業へ転職するのか?

あくまで一例です

  • メガベンチャーの営業(LINE、メルカリ等)
  • 外資系IT企業の営業(salesforceのインサイドセールス等)
  • 国内IT企業(Yahoo!、楽天など)
  • 行政機関

などなどです。

では前編はここまでとします!
後編では
リクルートの契約社員として働くメリット
リクルートの契約社員に向いている人
を解説します!

リクルートの契約社員への転職でおすすめの転職エージェント&サイト

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら


■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら

■市場価値算定からしっかりと転職活動をしたい!という方におすすめのミイダス
ミイダスの登録はこちら


■その他おすすめ記事
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

本日は以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

【会話で伝える】リクルート用語を徹底解説!

リクルートグループ向け転職支援コンサルのサウスコーです。
今回はリクルート内でよく使われるリクルート用語に関して
実際の会話形式でお伝えいたします!

サウスコーという新人の営業マンが入社してくるところから
話は始まります。

サウスコー
サウスコー

今日からお世話になります!
新人のサウスコーです!
よろしくお願い致します!

おー、わかった。
じゃあさっそく、テルクリしよっか。

上司
上司

テルクリ:電話で企業訪問のアポイントを取得する行動の事

サウスコー
サウスコー

テルクリ完了しました!

完了??
アポは取れたの??

上司
上司
サウスコー
サウスコー

いや、まったくでした!

は!?
ちゃんと先輩のテルクリTTPしたの?

上司
上司

TTP:徹底・的に・パクる

サウスコー
サウスコー

いや、できませんした。。

まあ、いい。
じゃあビル倒し行ってきて!

上司
上司

ビル倒し:飛び込み訪問の手法の一つで、一つのビルのテナントすべてに飛び込む事

サウスコー
サウスコー

(電話)
ぷるるぷるる。
今日帰社せずに、あと10社ほど飛び込んで直帰します!

OK。わかったNRな。
ATI発揮してんじゃん。いいね。

上司
上司

NR:えぬあーる。No Return(直帰の事)

ATI:圧倒的・当事者・意識の略。すごく雑に言うと能動的に頑張る事。

サウスコー
サウスコー

おはようございます!

おお、サウスコーおはよう!
昨日の飛び込みから、ヨミどれぐらいできたの?

上司
上司

ヨミ:受注確度の事。高い順にAヨミ、Bヨミ、Cヨミ、ネタなどがある

ヨミの深掘り解説はこちら:リクルートの営業マネジメントの基本:ヨミを徹底解説!!

サウスコー
サウスコー

はい!実は大型受注につながりそうな案件が1件できました!
ヨミでいうと、Bヨミです。

おお!いいじゃん。
課題はなに?レボ(壁打ち)するからあそこのかまぼこでやろうか。

上司
上司

レボ(壁打ち):本人の考えていることの穴やロジック的な飛躍がないか、筋のいい内容になっているか確認する場

かまぼこ:会議室ではない、執務スペースにある3~4人程度が座れる、簡易的な打ち合わせスペース(昨今ではフリスぺと呼ぶことも)

後日!!

サウスコー
サウスコー

やりました!!
先日レボしていただいた、案件、提案で満額受注いただきました!

おおおー!
初受注おめでとう!!よかったねー!
でさ、そもそも今クオーター達成できるんだっけ?
今の着地おしえて。

上司
上司

着地:目標達成度の見立て。締め切りまでにどれぐらいの達成率になっていそうなのか

サウスコー
サウスコー

はい!今回の提案と、あともう1件、Aヨミがありますので
その2社で今クオーターは達成見込みです!

へー。で、サウスコーはどうしたいんだっけ?どうありたいんだっけ?
これぐらいの目標で満足って感じか?
アスピとか当然設定しているよね?

上司
上司

アスピ:達成するのが妥当な水準のもう一段上の難易度の高い目標の事

サウスコー
サウスコー

そうですねぇ。もちろんオブリ達成はするんですけど
今後のキャリアに関してどうありたいか?といわれると
少し悩んでいる部分があります。
NBとかにも実は少し興味があります。
一度よもやましていただきたいです。

オブリ:最低限クリアしないといけない目標。表彰の前提条件として、オブリの達成。みたいな使い方も。

NB:ネット・ビジネスの略で、ネット系の企画職の事。NB室となると、その組織全体を指す。

よもやま:四方山(よもやま)話、からきている、ざっくばらんに色々話しましょうという趣旨のミーティング。
今でいう1ON1と呼ばれるものに近い。
実態は、上司が部下を詰めるミーティングに成り下がっているケースも散見される。

OK。わかった。まずはブレストしながら、しっかりと棚卸ししようか。
アジェンダは切っておいてな。

上司
上司

ブレスト:ブレーンストーミングの略。頭にあるアイディアとか考えをまず吐き出す事。

棚卸し:ブレストの日本語版。棚卸しの方がもう少し、構造的に把握しにいくというニュアンスが強い

アジェンダ:当日話す内容。スケジュールを少しかっこよく言った感じ。

サウスコー
サウスコー

いやー、ジャストアイディアなんですけど
やっぱり俺トップガン狙いたいですわ!

そうか、トップガンな。おれも1度とったことがあるけど
GMだけでなく、部長、エグゼも巻き込んで
高いレベルの仕事をやりきらないといけないぞ。
覚悟はある?

上司
上司
サウスコー
サウスコー

そうですね!わくわくしてきました!

そうか。わかった。この前NBがどうのこうの言ってたけどそれはどうなの?

上司
上司
サウスコー
サウスコー

いや、実は先日、新人とDDとの座談会がありまして
その方と話しをしてみたんですよ。
そうしたら、ちょっと僕のイメージと違うなぁ。
やっぱり営業でいきたいな!と思いました

そうか!
OK、じゃあこれでフィックスな!

上司
上司

ちなみにこの前の大型案件さ、いまNBから頼まれている
フィジビリの対象になりそうだからいい足がかりにしてこうか。
フィジビリとはいえ、かなりバジェット張っているから
組織としての期待も高い案件だから、やり切ってくれよ。
ZDとかまじで格好つかないからな。

上司
上司

ジャストアイデア:特に深い思考を経てない、アイディアの事。なんで?と詰められても、いやジャストアイディアなんで、というエクスキューズになる。

トップガン:1年に1度、リクルートグループの全営業マンの中から、マーケットに対して革新的な動きをした営業マンに贈られる栄誉。表彰。

フィックス:決定すること。もう変えないよという意味あい。

DD:ディビジョン・ディレクターの略。NB系の部長レベルの事。

エグゼ:執行役員以上の管理職の総称

フィジビリ:本格始動前のお試し施策。試してうまくいくか行かないか判断をする為に行う。

バジェット:予算

ZD:全然・ダメの略。反響や効果が一切ないという状況。

今回は実際の営業現場をイメージした
リクルート用語の解説でした!

最後にリクルートグループへの転職におすすめの転職エージェント&転職サイト

営業職、リクルートへの転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチミイダスに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら
ミイダスの登録はこちら

■おすすめ記事
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!

以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました~!