リクルートへの転職ネタ

営業未経験が営業職で活躍するのは厳しいのか?【元リク営業課長が解説!】

【元リク営業課長が解説!】

現在、営業未経験で営業職に転職を考えているけど、活躍できるのか不安だと悩んでいませんか?

本記事では、営業未経験でも活躍できるのか?自分はフィットできそうなのか?活躍するにはどうすればいいのか?が理解できる内容になっています。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

目次はこちら

営業未経験で営業職に転職して活躍できるのか

結論から言えば、もちろん活躍することは可能です。
むしろ未経験か、そうではないかはあまり関係ないことです。
未経験であろうと、経験者であろうと、活躍できる人はどんな環境であり活躍できるのです。

なぜなら、営業職というのはその人の社会人であったり、人間性、考え方が大きく問われる職種だからです。
営業職と言えば商品やサービスを買ってもらう人という認識を持たれるかたも多いと思いますが
よりレベルの高い営業になれば、それは商品やサービスというよりも
営業その人を買ってもらう、そういった意味合いや側面が強まるのです。

例えば、商品やサービス、有名企業が展開しているものであれば
当然のように競合サービスや商品が存在します。
営業はその競合サービスではなく、自社のサービスを選んでもらう必要がありますが
正直、そういった競合のサービスとのサービスの差は少なくなります。
とすると、競合との差は何に帰結するか
それはその商品やサービスを案内する営業に帰結するのです。

とはいえ、未経験で営業を経験されていない方からすれば
僕は活躍できるのか?できないのか?素質はありそうなのか?
は知りたいですよね。

ここから、活躍できそう、できなそうな特徴を紹介していきます。

未経験で活躍できない人の特徴

  • 他責的に考えてしまう人
  • 目標達成欲が低い人
  • 仕事のスピードが遅い人

この特徴が当てはまる方は活躍は難しいと考えています。
それぞれ一続き、どんな特徴なのか解説します。

他責的に考えてしまう人

他責という言葉をご存じでしょうか。
何か事が起こった責任を自分以外の何かに転嫁してしまう考え方の事です。
反対語とは自責とか当事者意識が高いといいます。

なぜこの特徴が活躍できない人にあるのか

それは営業職という仕事は、自分、顧客、商品、マーケット、その他もろもろ
本当に多くの要因と対峙していかなかければなりません。
としたときに、何かうまくいかないことが起こったときに、いちいちそれを他の何かに責任を転嫁していたら自己成長もないですし、営業としての結果はでません。

例えば、人材系のメディアの営業だとします。人材系の営業は景気の動向を大きく受けるのが前提として、仮に景気が悪くなったら

「自分が売れないのは景気が悪いせいだ」

と言っていても何も始まらないですし、そこで思考停止してしまいます。

ありたい発言は

「景気が悪いけど、悪い中どう顧客に価値を提供していこうか」

こういった発言ができる人が否かで活躍できるか否かは決まります。

目標達成欲が低い人

続いてこちらですが、これは言葉の通りです。

目標達成することにあまり興味がないタイプです。
こればっかりは、正直人間性と言うか、性格みたいなものなので
いかんともしがたい。

ここに興味がわかない
熱くなれそうにない

こういった感情を持つのであれば、営業職はお勧めしません。

ただ、営業やって、目標達成できるか不安、という感情は問題ありません。
むしろ、背景にあるのは目標達成欲があるという事だったりするので。

仕事のスピードが遅い人

続いてこれですね。
これは営業というか、すべての仕事に通ずると思いますが
仕事のスピードが遅い、速くしようとする気持ちになれない

こういった感覚をもっているのであれば
あまりお勧めできないかもしれません。

売れる営業に必ず共通していること
それは仕事のスピードが速いことです。

顧客からメールがあれば、即レス。
決めた期日よりも前に提出物を提出する。

こういった事がすでにできている人は営業に向いている可能性が高いです。

ただ、仕事は意識次第で速くすることは全然できますので、
やる気があればOKです。

その他にも
他者と協同する姿勢
学び続ける姿勢


こういった事も非常に大事な要素です。

未経験でも活躍できる人の特徴

一方で未経験でも活躍できる可能性のある方は、上記した活躍できない人の特徴は当てはまらないなぁという方は向いている可能性大です。

その他に結構大事な要素として

明るい性格、パーソナリティであるという事は大きいです。

活躍できない人の特徴にも記載した通り
営業はその営業本人を買ってもらうという側面が強いと書きましたが

とすれば、明るいタイプか、暗いタイプかどちらの方がいいのか?
考えれば一目瞭然ですよね。

営業職に転職して活躍するためにやるべきこと・考えるべきこと

ではここまでで、未経験でも活躍できるか、どんな特徴があれば活躍できるのかなんとなく理解できたと思います。

ここからは、転職をして、具体的にどういった行動をとるべきなのか?
を解説していきます。

営業職の徹底的な理解

こちらに関しては、以前別の記事にもしているのですが
営業職に関する理解をとことん広げましょう。

入社した会社にもよると思いますが、座学で色々な知識導入はあると思いますが、営業としての考え方、動き方など徹底的に理解をする必要があります。

参考の記事はこちら

【元リク営業課長が教える】営業未経験者が営業職への転職活動で絶対におさえるべきたった1つのポイント

基本に忠実に

徹底的な理解とも通じますが、まずは徹底的に基本に忠実にいきましょう。
前職の仕事内容などを踏襲して、ついつい自己流でやろうとする営業がいますが
あくまで基本に忠実に行くことが最も大切です。

徹底的に行動量を上げる

次にこちらです。
営業は本当に地道な活動が大事になるのですが、とてもつらいです。
そうすると、ついつい地道な行動量ではなく、行動の質を追い求めがちです。

ですが、大事なことは徹底的な行動量を追い続けることです。
量が質に変化していきますので
いきなり質を追い求めることは避けましょう。

徹底的に真似をすること

最後に、徹底的に真似をすること。
リクルートでは真似をすることを、徹底的にパクるを略してTTP
と言います。それだけ、真似をすることが奨励されていいます。
奨励というよりも営業として成果を出す為の基本行動としてとらえられています。

営業未経験でおすすめの転職エージェント&転職サイト

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら


■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら

■市場価値算定からしっかりと転職活動をしたい!という方におすすめのミイダス
ミイダスの登録はこちら


■その他おすすめ記事
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

リクルートの契約社員にボーナスはでるのか?いくらなのか?を徹底解説!

リクルートの契約社員にボーナスはでるのか?いくらなのか?を徹底解説!

リクルートの契約社員への転職を検討している方で、ボーナスはでるのか?
ボーナスの金額はいくらぐらいなのか?
とお考えではないですか。

本記事読めば
リクルートの契約社員のボーナス、年収を把握できます。

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

では本日の目次です。

リクルートの契約社員にボーナスはでるのか?

まず結論ですが、ボーナスはでます!
正直ざくざく出るというよりは、気持ちでるって感じです。
ただ高い業績を上げれば、なかなかの金額になりますよ!

ボーナスの仕組み

まずはボーナスの仕組みから

ボーナスは、年に2回の支給です。
夏の6月10日と冬の12月10日の2回です。

そしてボーナスの金額は、業績によって変動します。

6月のボーナスは、その前の10月~3月までの業績が加味され
12月のボーナスは、その前の4月~9月までの業績が加味されます。

業績の判断はどうされるのか?

リクルートは半期に1度、ミッションという職務が言い渡されます。
定量的な目標を渡される定量ミッションもあれば
プロジェクトの推進といった、定性的なミッションもあります。
それらはミッションシートと呼ばれる、管理シートがあり
イメージは下記になります。

項目達成基準
A商品売り上げ目標120%達成:5
110%達成:4
100%達成:3
90%達成:2
90%以下:1
B商品売り上げ目標120%達成:5
110%達成:4
100%達成:3
90%達成:2
90%以下:1
C商品売り上げ目標120%達成:5
110%達成:4
100%達成:3
90%達成:2
90%以下:1

こんな感じなっています。

それぞれの項目を評価基準に照らして、点数をつけます。
すべてのミッションの点数の平均が3周辺が及第点となります。
その平均値と最終的な評価がE~SSSSのランクで決まっています。

ボーナスの最高額、最低額は?

そして3の平均値周辺であれば、約25万がボーナスとして支給されます。

最高額はもし最高評価を得たすれば
60万ほどになります。
ですがこれは理論的な最高評価なので基本的には殆ど発生しません。

現実的なラインでの最高額は、組織のトッププレイヤーレベルを想定し、
40万~45万程度が相場です。

逆に最低額は0です。
ですがこれは、ほとんど職務を休んだりしてできなかった場合でして極端な例です。

現実的な最低額ですと、全然活躍できなかったなぁってレベルを想定し、
10万程度になるのが相場です。

リクルートの契約社員の年収はいくらか?

さて、ボーナスは理解されたと思いますが
ボーナス以外の年収自体はどうなのか?

結論から言えば、
入社1年目~2年目ぐらい:410万
入社2年目~3年目ぐらい:460万

となっています。

この差は、ミッショングレードという、任される職務の高さによってきまります。
ですので、早いタイミングで高いミッショングレードを任されれば、ベースは上がりますし、契約満了まで上がらない人もいるので一概には言えません。

どうしたらミッショングレードはあがるのか?

契約社員のミッショングレードで言えば、
新人が来たときにその新人をあるていどしっかりと教えられる
というレベル感をイメージしてもらえばいいと思います。

ですので、大抵は年次を経ることでミッショングレードは上がる傾向にあります。

年収は働くエリアによって変わる

さらにこの年収は実はは働くエリアによっても変わります。

働く地域の区分は下記となっています。

  • 第一地域:東京、首都圏近郊
  • 第二地域:大阪関西周辺、名古屋
  • 第三地域:その他

となっています。
それぞれのエリアでの年収額は下記となっています。

  • 第一地域:410万
  • 第二地域:390万
  • 第三地域:360万

その地域の物価水準を考慮しこの金額となっているそうです。

インセンティブも発生

この年収にプラスしてインセンティブが発生します。

インセンティブとは、ある決められた営業目標を達成すると給与とは別に支給されるお金の事です。

リクルートでは、
クオーター(4半期)で満額8万の支給がベースとなっています。

全てのクオーター、つまり1年に4回の四半期がありますから、
それらすべて決められた指標を達成すれば、

プラスで32万出ることになります。

結構大きいですよね。

最低年収と最高年収の差

このインセンティブを加味し、現実的な最高年収をはじき出します。
条件は下記とします。
・すべての決められた指標をトップのレベルで業績出せた
・高いミッショングレード
・すべてのインセンティブを満額で得れた

最高年収:550万

その逆を最低年収としたときに

最低年収:380万

となり
その差は、170万にも及びます
リクルートは業績出してなんぼです。

これは契約社員に限った話ではなく、
正社員においてもまったく同様の事が言えます。

より高い職務を担い、高い業績を出し続ければ年収額の差は大きく出てきます。

売れる営業になるには

売れる営業になるには、と言われて簡単にこたえられるほど浅い仕事ではないのですが、今までいくつか参考になる記事を上げていますので下記にまとめます。

売れる営業系の記事まとめ

元リク新規事業マネージャーが教えるベンチャーの営業に求められる3つの素養
リクルートの営業マネジメントの基本:ヨミを徹底解説!!
リクルートの営業職がきついと言われる たった一つの本当の理由

リクルートの契約社員への転職でおすすめの転職エージェント&転職サイト

■営業職、未経験、契約社員の転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職希望者の70%が年収アップという超コミットの高く伝統のあるType転職エージェント
Type転職エージェントの登録はこちら


■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら

■市場価値算定からしっかりと転職活動をしたい!という方におすすめのミイダス
ミイダスの登録はこちら


■その他おすすめ記事
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由

本日は以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

20代で転職回数が多い!の不安を消せる3つの理由

20代で転職回数が多い!の不安を消せる3つの理由

現在、20代で転職を検討している方で、すでに複数回の転職をしている方で転職に不利になるか不安ではないですか?
もしくは1社目で早期に転職を検討されている方で転職に不利になるか不安ではないでしょうか?

本記事をご覧になって、その不安が消せればうれしいです!
むしろその経歴をプラスに活かす為にはどうすればいいのか?まで理解が進むとなお嬉しいです!

本記事を執筆する転職支援コンサルをしているサウス・コーです!

リクルート時代から一貫して採用活動とマネジメントに従事してきましたので
一定の信頼はおける情報だと思っています。

■サウス・コーの経歴
・新卒でリクルートに入社し、営業マネージャー、採用活動を5年以上実施

・20代の転職検討者、高卒、ローキャリアの若手、総勢300名以上と面接

・数十名のMVPプレイヤーを輩出

・現在、転職ミーティング!を通じて20代若手向け、営業職向けの情報を発信しながら、20代~30代の転職支援を実施

本日の目次はこちら

20代で複数回転職は不安になるべきではない3つの理由

サウス・コーの考えとしては、20代の若いうちに複数回転職をしていることに対して不安に思う必要はないと考えています。
理由は、サウス・コーが採用活動をしていた時に複数回転職をしているという事だけで落としたり、ネガティブに思うという事はなかったからです。

なぜサウス・コーがネガティブに思わなかったのか?逆にネガティブに思ったときはどういう時かを分析したときに、下記3つの理由がありました。

一つづつ見ていきましょう。

複数回転職者の採用実績多数!

今現在、複数回転職者をそれだけでネガティブに思っていないのは、根本的にこれがありそうだなと思っています。
複数回転職を不安に思う必要がないのは、サウス・コーが多くの複数回転職者を採用してきたからです。

私が採用した20代で一番多くの転職回数の方は、28歳でリクルートが5社目という方でした。

23歳で社会人になったとすると、1社あたり1年~1年半のスパンで辞めているんですよね。
かなり特異な経歴なので目には留まりましたが、この方を採用したのは1つ1つの転職の目的理由を語れたことが大きかったと思います。

1つ1つの目的理由を明確にすればOK

上記した方以外にも、
複数回転職者で採用になっている方の特徴は

1社毎の入社の目的と退職の理由が明確になっている、
またその理由がネガティブな理由ではないという事でした。

これは何故なのか?
そもそも1回目の転職者であろうと、その転職理由が明確じゃなかったりするとネガティブに見えるのと同じことですよね。

この辺りは、↓の記事にも書いているので是非ご覧ください。

リクルートの営業職の中途採用で不合格にした転職理由をまとめてみた

20代そこらで働くイメージを持てと言う方が
ムリゲーを面接官もわかっている

「1社目の働く内容や働く姿が学生時代に想像していたものと大きく違った」
2社目の転職に限ってですが、全然使えます。OKです。

理由は、自分を思い返してみると、学生上がりの数年の経験で、入社した会社での働きぶりを解像度高く想像できますか?でいうと、それはムリゲーですね。って思います。このネタは、人事の方ともよく話題に出ます。
これが3社4社と続いてしまうと、いい加減学習しなさい!って思われてしまうけども。

1社目からの転職機関が浅い方の面接記録を記事にしているのでご参考まで↓

【面接実例集】1社目から短期間で転職する際の面接のポイント!

複数回転職をプラスに持っていく方法

不安な点を少しでも解消できましたか?

ここからは、複数回転職をプラスに持っていくための方法を一つづつ紹介していきます。

1社1社で得たスキルを明確にする

1社1社で得たスキルを明確にすることで、複数回転職の経歴をプラスに持っていくことができます。
理由としては、1社1社を適当に過ごしていたのではなく、能動的に成長を志向して過ごしていたことが伝わるからです。
同時に、持っているスキルを明確にする事でその人自身の能力の高さも表現できるので、面接時には好印象です。

具体例で言えば
1社目:ビルメンテナンス
└得たスキル:確実にタスクをもれなく対応する力
2社目:ブライダル関連企業の運営スタッフ
└得たスキル:顧客の発言の背景にある、真のニーズをくみ取りコミュニケーションをする力

こんな形で明示化してください。
さらにこのスキルが活かされた経験やエピソードを具体的に記載や語れる状況にしておくことは必須です。

目的を完遂できるビジネスパーソンとして魅せる

上記した1社1社の目的を明確にしていることができているとして
その目的を完遂したことを伝えるとプラス評価になります。
理由は、目的ありきで1社1社に誠実に対応しやりきったとうつるからです。

一方で、長く働いてほしいと採用する側は思いますので
転職先の志望動機は長く在籍する前提の目的セットが必要不可欠です。
目的完遂できるビジネスパーソンだとしても、すぐにやめられてしまうと採用する側は二の足を踏むのは容易にイメージできると思います。

複数回転職が経験として語れる仕事に転職する

最後に、複数回転職した経験が業務上語れる職種に転職することです。

企業例としては

  • 転職エージェント
  • 人材系企業

等の人を扱い企業や業務に従事すると、自身の経験が活かせる場面が来るので
プラスに運ぶことが可能です。

20代若手におすすめの転職エージェント

営業職、リクルートへの転職なら対応満足度が圧倒的に高いマイナビがおすすめ!
マイナビの登録はこちら

■転職に急いでいなければ、いろいろなエージェントから声がかかるビズリーチミイダスに登録して自分だけの1社を探す
ビズリーチの登録はこちら
ミイダスの登録はこちら

■おすすめ記事
営業職への転職はマイナビエージェントを使うべきたった1つの理由
ビズリーチは若手年収300万でも登録できるのか?登録すべきメリットを徹底解説!

以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~!

【リクルートの年収】僕が7年目年収800万の時にしていた仕事を公開!

【リクルートの年収】僕が7年目年収800万の時にしていた仕事を公開!

リクルートグループグループ向け転職支援コンサルのサウス・コーです!
年収と仕事公開シリーズです!
サウス・コーがリクルート時代にどれぐらいの年収だったのか、
それぞれの年収の時にどんな仕事をしていたのか、ざっくりとお伝えできればと思っています。

今回は7年目、年収800万の時の仕事内容です。

年収公開シリーズはこちら!
【リクルートの年収】僕のリクルート時代の年収を暴露!
【リクルートの年収】僕が4年目年収600万の時にしていた仕事を公開!
【リクルートの年収】僕が5年目年収700万の時にしていた仕事を公開!
【リクルートの年収】僕が6年目年収700万の時にしていた仕事を公開!

サウス・コーの年収と職務まとめ

年収と職務まとめ

では本日のコンテンツです

職務内容

この年は、年度の途中から、
前の職務内容である営業リーダーから、企画スタッフへと職務変更があった年でした。
具体的には、営業企画、営業推進ということで
主に営業戦略を検討し、その営業戦略を営業マネージャーと協同しながら推進することでした。
企画Gに配属になり、僕の仕事の報告先は企画のマネージャーでした。

営業組織の現状のモニタリングをしながら、
・さらに業績を上げるためにはどうすればいいのか?
・課題は何か?
・課題を克服するためにはどんな打ち手をとるべきなのか?

こういった事を定量的なデータや、営業メンバーへの定性的なヒアリングを元に整理し、意思決定者へ提案をする仕事でした。

年収が上がった理由

前年700万から800万へ年収が上がりました。
これは、営業リーダーを1年経た中で、
さらに難易度の高い仕事を任せるにあたってのミッショングレードの向上でした。
マネージャーを経験した今であれば察しがつきますが、
マネージャーにあと一歩という段階まで来ていたのでしょう。

やりがい

大きくは2点でした

  • 過去の様々な経験が融合され、経験が活かされている実感
  • サブサービスの責任者としてサービスの成長を任されたこと

過去に企画スタッフをやっていた経験と
営業リーダーをやっていた経験の両方の経験が活かせる点にやりがいを感じていました。
また、この時にサブサービスを企画提案しそのサービスのサービスリーダーとしてサービスの成長を一手に任されたこともとてもやりがいになっていました。
とても小さなサービスでしたが、
当時の顧客に絶対的に必要かつ、受け入れられるサービスだという自負があったので、サービス利用者が増えサービスが成長していくことが純粋にうれしかったです

ワークライフバランス

この時は、かなりちゃんとした生活が送れるようになっていて
9時出社‐20時退社
ぐらいが平均的な働きかただったと思います。
年収も上がり、労働時間が減ったので、時給で言うと上がった感じでその点は満足感はありました。

当時捉えていたこの仕事の難しさ

ここで初めて、社会人として
上司との折り合いがわるいことが仕事の難しさになりました。

以前企画スタッフをしたいたときにも上位決定者に対しての働きかけが課題としていたのですが、本質的には同じ課題だと思うのですが
日々日常で言うと、
「この上司まじ嫌い」
状態に陥っており、会話することすらままならず
最終的には上司と言い争いになり部署を異動するという結果になってしまいました。

今こうして、過去の仕事の棚卸しをすると
本質的にサウス・コーは上位決定者とのコミュニケーションに関しては課題を持っているという事を痛感しています。

今の僕ならこうする

なぜ、私がこの上司を嫌いというところにまでいってしまったのか
振り返ると、やはり上司とのコミュニケーションの少なさと質の低さがあったのだと思います。
「自分にどんな働きを求めているのか?」
「コミュニケーションはこうしてほしい」
「僕はこう思う」

こういった、自分の考えと、上司の考えをしっかりとぶつけ合う事が必要だったと感じています。

なぜ上司に本音でぶつかれないのか?

今だに感じていますが、
嫌われたくないという気持ちがあったり
本音を言っても聞いてもらえないだろう
そういった気持ちが大半でした。

こういった事を別の上司に相談したときに言われたことが未だに金言で仕事をする上で大事にしています。

「本音を言えないのは、人間性ではなくて、本音を言うスキルが低いからだ」

こういわれました。
これを言われるまでは、
嫌われたくない自分の性格のせいだ、とやや諦めている節がありましたが
これを言われて目からうろこが落ちまして
本音を言うためのフレーズを沢山準備し、本音を言えない課題を払拭しました。

課題を払拭できたのはそこから4年後なんですがね。

その後の顛末

結局、その上司とは言い争いから、私自身メンタルをかなり疲弊してしまい
2週間ほど休みを頂き、存分にリフレッシュしました。
再度出社後、当時の執行役員との面談があり
別の部署への異動が実現しました。

その執行役員の方は女性の方だったのですが、
未だに記憶に残る、本当に素晴らしい上司
でした。

素晴らしい上司は本音で語る

何が素晴らしかったって
当時、上司との折り合いがつかずに、組織からはみ出し
とても傷心していたのですが
その時にその方は私に

「私も過去の上司との折り合いがつかずに挫折したことがあるんだ。
それでもここまでやってこれた。
必ず報われる日がくるよ」

って仰られたんですよね。
その時自分の緊張して強張っていた胸の紐が解けて、大号泣したことをわすれもしません。
リクルートで出会ってよかったと思ったお一方でした。

本日は以上です!
最後までご覧いただきありがとうございました~